「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

254* ふしぎなナイフ

ふしぎなナイフ(こどものとも絵本)ふしぎなナイフがまがる ねじれる おれる われる
ひとつのことばと、それに呼応する、ナイフの絵。

絵本を語る上で、ある意味象徴的な存在の絵本だ
と思います!【絵本 *2・3歳~】

中村牧江/林健造 作、福田隆義 絵
/
福音館書店 (1997/2/5)



ふしぎなナイフがまがる ねじれる おれる われる
・・・ページを開くたび、ナイフが様々な変化をみせます。
余計な説明は一切なく…絵が「不思議さ」を物語るだけ。

私の手元にあるのは、1993年に「こどものとも 年中向き」として出たもの。
その8年前に、やはり月刊誌として出ていたようです。

当時私は幼稚園でセンセイをしていたのですが、
この絵本、子どもたちに大人気!毎日リクエストがありました。
ちなみに、毎回笑い声が上がっていたのはちぢんでのページでした。

絵本を語る上で、ある意味象徴的な存在の絵本…とさっき↑ 書きましたが、
それは、大人は、文字の少なさに面食らったり、
いわゆるナンセンス絵本なのに、「これをどう捉えたらいいのか?」と
理屈で考えたりする。

一方、子どもはこの絵本をおもしろがったり、不思議がったり。
絵本の絵と ことばを まるごと受け止める。

昨日、絵本ナビのスタッフブログを読んでいたら、
作者の中村牧江さんと、林健造さんのインタビュー記事がありました。

まだ出版される前のエピソードが、おもしろかったです!
この絵本を制作して出版社に持ちこんだところ、
こんなの売れない、出せないと、いくつもの出版社言われてしまったそうです。

「ナイフなんて、危険だ」とも、よく言われたそうです。
なんだ?そのダメ出し!

あと、お母さんからは、ことばが少ないから買っても損、って思われると
出版社は心配したとか。うん、お母さんは、よくそういう換算しますよね(笑)。

でも、ちゃんとわかって下さる編集者さんと出会って、
世に出ることが出来た。ヨカッタヨカッタ。

感度の良い子どもに届く前に、大人が「ダメ」と切り捨ててしまうことが、
絵本では たびたび起こります。いや、ひとごとじゃなく、
私自身もそうしてしまっていることがあると思うので、
心に留めていたいと思います。

中村牧江さんと林健造さん(お二人はご夫婦)のコンビの、他の絵本も
読んでみたくなりました。。。
 

ありさんどうぞ
ありさんどうぞ
関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 08:11 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

なずなさん  こんばんは

作家さんたちはご夫婦だったんですね。知りませんでした。
ふしぎなナイフ、ボランティアで読み聞かせする時導入で読みます。子どもたちはとっても好きですね。どこが一番笑いがくるか気にもとめず読んでいました。余裕ないからなあ。でも、気にしながら読みたいと思います。
ブログにコメントありがとうございます。物語の舞台になったところに住まわれているなんてステキ!
それも、私の大好きな・・・・
一度行ってみたいものです ^^

| nonnkinaminnti | 2010/03/19 22:48 | URL | ≫ EDIT

nonnkinaminnti さんへ

「作家さんたちはご夫婦だったんですね」そうなんです。
林健造さん自身も絵を描かれますが、『ふしぎなナイフ』では、
ナイフのリアルさのために、福田隆義さんに依頼したのだとか。

それから、そう、あの街に住んでいるんですよ。
よく、ファンの方が、名所を辿ってますよ~。

| なずな | 2010/03/21 02:18 | URL |

こんばんは('-^*)/お久しぶりです。
今日はへ~助が寝てくれて、珍しく自分も起きていたので久しぶりにパソコンを開いてみました♪
この絵本面白いですよねぇ。
シンプルなのに…ナイフが!?
シンプルなのに…びよぉ~ん!?
シンプルなのに…クニャリ!?
なんだか読んでいて笑っちゃう絵本でした(*^∇^*)
子どもに人気があるのが、わかる×わかる☆
私も以前ブログに載せたことがあってトラックバック送らせてもらいました。
ヨロシクお願いしま~す♪

| ミヅポン | 2010/03/22 01:21 | URL | ≫ EDIT

ミヅポンさんへ

コメント、ありがとう♪
へ~助くん、大きくなってきたことと思います。
ミヅポンさんのママ業も、板についてきた頃かな?!

この絵本の魅力は、ことばで説明するよりも、
「とにかく、こどもに読んでみて!おもしろがるから」
って言いたくなります。そんな絵本ですよねぇ!

| なずな | 2010/03/22 18:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1006-24b7f39b

TRACKBACK

ふしぎなナイフ

ふしぎなナイフ (こどものとも傑作集)(1997/02)中村 牧江林 健造商品詳細を見る 対象年齢:4歳くらいから~ 著者の紹介☆ 作:中村 牧江(...

| ジアスのリトルアイランド | 2010/03/22 01:17 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。