「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

255* ルラルさんのにわ

ルラルさんのにわ (いとうひろしの本)ご自慢の芝生の庭に誰も入れまい・・・と頑な
だったルラルさん。ところが、ある日その庭に
わにが!ルラルさんの変化に、読んでいる
こちらまで思わずニッコリしてしまう絵本。
第13回絵本にっぽん大賞受賞作です。
【絵本 *2・3歳~】

いとうひろし 作
ポプラ社 (2001/09)



絵本では、おじさんが主人公の絵本って、少ないですよね。
いや、なくはないです。
佐野洋子さんの、おじさんのかさ(紹介記事)も、そうですね。

ルラルさんも、「おじさんのかさ」のおじさんも、暮らしの中で自分なりの型を持っています。
何もそんなに頑なにならないでもいいのに・・・と思ってしまうけど、
誰しも、思い当たる「こだわり」があるはずです。特に、大人には。

「おじさんのかさ」のおじさんは、子どものつぶやきによって、
「こだわり」を解きました。

ルラルさんにとってのきっかけは、ワニにこう言われたことでした。

「なあ、おっちゃん。ここに ねそべってみなよ。
きもちいいぜ。しばふが おなかに ちくちくするのが たまらないよ。」

寝転んでみる。腹ばいになって芝生の感触を味わってみる。
視界も変わったことでしょう。それが、ルラルさんに変化をもたらします。

こどもはこどもで喜ぶけど、大人のアナタもぜひ読んでみて下さいね。
シンプルだけど、心に残る絵本です。



関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1013-e6f5c895

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。