「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注目の新刊絵本(’10.6~7月) その2

アリス! 絵で読み解くふたつのワンダーランド前回にひきつづき、「はじめましての絵本たち」
(新刊絵本紹介の会) で紹介していただいた
本の中から、気に入ったものを挙げてみます。

アリス! 絵で読み解くふたつのワンダーランド
自慢じゃないですが、わたし「不思議の国の
アリス」をまだ全部読んだことがありません!
(かみんぐあうと。)いつも途中でフェイドアウト
しちゃって。


この本は「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を
山本容子さんが美しい絵で[料理]してくださっています。

きっと私のような途中挫折組にも、いいかも。



むかしむかし (こどもプレス)
むかしむかし (こどもプレス) 

谷川俊太郎さんの詩に片山健さんが絵をつけた絵本。
最強タッグ、ですね。(初めての共作、だそうです)




今回ご紹介いただいた本の中で、私が一番気になったのは、
ヒヤシンスひめ―そらにうかんだおんなのこのあっとおどろくおはなし

重い王冠をかぶって押さえておかないと、体が宙に浮いてしまう、
という、ヒヤシンスひめのお話です。

子どもに読んでやっても ストーリーの展開を喜ぶと思いますが、
大人の私には、ヒヤシンスひめが比喩するものについて
考えさせられる、そんなテーマを感じました。

ヒヤシンスひめの個性を「困ったこと」として捉えて、押さえつけることで
それが表立たないようにしようとする大人
が、描かれていて。。。。

まだ手元にないのですが、ゆっくり読んでみたい1冊です。


ヒヤシンスひめ―そらにうかんだおんなのこのあっとおどろくおはなし



まだある。こども歳時記 夏休み編―ロングセラー商品でつづる昭和のくらし

大人向けの本として紹介された本。「まだある。」シリーズとして
たくさん出ているのですね。
子どもの頃大好きだったもので、今もまだあるもの。

駄菓子屋さんを覗いて、「あ、これ!ちっちゃいころ好きだった~」
と、懐かしがる感覚、とでも言いましょうか?
懐かしいものたちに、再会して、「こどもだった自分」をふと思い出すのも
なかなかいいのでは…楽しそうですヨ!
まだある。こども歳時記 夏休み編―ロングセラー商品でつづる昭和のくらし
関連記事

| よりみちカフェ | 06:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1078-12d60d1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。