「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

急行「北極号」【本の紹介*55 】

急行「北極号」クリスマス・イブの夜、家の前に停車したのは
急行「北極号」。サンタクロースとこびと達のもとに
ぼくをいざないます。
しんしんと凍えるような空気まで
伝えるような絵でありながら、
心を芯から暖めてくれる、素敵な絵本です。
【絵本 *小学生~】


クリス・ヴァン・オールズバーグ 絵と文、村上 春樹 訳/あすなろ書房
 (2003/11/10)

 



私が特に好きなのは、
粉雪が降る中、急行「北極号」が“ぼく”の家の前に停車しているページ。
そして、
サンタクロースがそりに乗って空を駆ける様子を、俯瞰で描いているページ。
読む役ばかりでなく、時には誰かに読んでもらって、
じっくり絵の中に浸ってみたい・・・。
そんな風に思ってしまいました。

“ぼく”は、クリスマスのプレゼント第一号をもらうこどもに選ばれます。
そして、トナカイの引き具についている銀の鈴が欲しいと答えて、
それをサンタクロースからもらうのです。

でも、その鈴の音は「おとな」になった人には聞こえない。。。

68 我が家では…68


9歳の長男は先日、「サンタクロースなんていないんでしょ?」と
私に聞いてきました。
友達たちは、サンタクロースはいない、お父さんやお母さんがプレゼントを
置いている、と言っているようです。そんなお年頃です。
私は、信じている人のところには、サンタクロースはやって来るんだよ
と答えましたが。

この物語は次のように結ばれています。


ぼくはすっかりおとなになってしまったけれど、鈴の音はまだ耳に届く。
心から信じていれば、その音はちゃんと聞こえるんだよ。

このメッセージを子どもに伝えるため、それと自分の心に刻むため、
毎年この絵本を読んでいきたいです…。


急行「北極号」 / クリス・ヴァン・オールズバーグ、村上 春樹 他 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 21:42 | comments:6 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT

急行「北極号」は読んでみたいと思っています。
「どろぼうだっそうだいさくせん!」は私も読みました。脱走する方法がおもしろかったです。

| はなびや | 2007/12/08 18:22 | URL |

はなびやさんへ

9歳の長男が読み終わった後「このおはなし、感動した。」
と言っていました。4歳の次男は、終わりのメッセージが
まだ難しいようで、「ねえ、おわっちゃったの?」って
言ってましたけど(笑)。

| なずな | 2007/12/09 08:15 | URL |

我が家の8歳の長男もサンタの存在が微妙になってきているようです。毎年、ほしいプレゼントをお手紙に書いて靴下に入れてつるして置き、その手紙が無くなっていれば、サンタさんに手紙が届いた!てことになっているのですが、今年は、その手紙を書こうとしません。手紙をとりに来るのはヘン!(確かにね)だそう。次男が早速手紙を書いたのを横目で見ていました。
私もこの絵本を紹介しています。TBさせて下さいね。

| KABA   | 2007/12/09 17:25 | URL |

KABAさんへ

サンタさんに手紙、ウチも去年までは書いていたけど、
今年は書いてないです。そうやって大きくなって
いくんでしょうかね…。
でも、この絵本を読んだ後の彼の様子では、
信じていたい、という思いが伝わってきて、それが
わかっただけでも嬉しかった私です。

| なずな | 2007/12/09 23:36 | URL |

こんばんはヾ(@^▽^@)ノ
この絵本は、昨年気に入ってクリスマスに購入した絵本です!
絵とお話がと~~~~ってもステキですよね。
長男君は、ちょうど難しい時期ですねぇ。
お友達のお話がいろいろ耳に入ってきますからねぇ(;´▽`A
でも!…やっぱり、サンタさんはいくつになっても信じていたいものですよねぇ♪
今でも信じているから、ミヅポンのところにもプレゼントを下さいなv-414
ちなみに今月は、とても良い子にしておりました(決)
宜しかったらTBお願いしま~す!

| ミヅポン | 2007/12/15 22:17 | URL | ≫ EDIT

ミヅポンさんへ

ミヅポンさん、今月良い子にしてたんですね(笑)。
届くといいですよね、プレゼント。
長男はそろそろサンタを卒業していくでしょうけど、
まだ全面的に信じている5歳下の次男のためにも、
いい形で卒業してほしい、と思う母なのです。

| なずな | 2007/12/16 08:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/108-4e8f320e

TRACKBACK

急行「北極号」

急行「北極号」 クリス・ヴァン・オールズバーグ  作・絵 村上 春樹  訳- あすなろ書房 心から信じる○おはなし 「サンタなんて、いない」 ともだちは言う。ぼくの聞いたサンタのそりの鈴の音。 そんな

| *かばかばBOOKS* | 2007/12/09 17:26 |

急行「北極号」The Polar Express

急行「北極号」Chris Van Allsburg、クリス・ヴァン・オールズバーグ 他 (2003/11/10)あすなろ書房 この商品の詳細を見る 対象年齢:小学校低学年から~(ふりがな付き漢字が含まれます) ※サンタさんの存在を信じなくなってき

| ジアスのリトルアイランド | 2007/12/15 22:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。