「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩波少年文庫60周年と、「宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展」

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)2010年、岩波少年文庫は創刊60年を迎えたそうです。

さらにこの夏は、岩波少年文庫の中の一冊「床下の
小人たち」を原作とする、宮崎アニメが封切られ、
そういう意味でも注目度があがっていますね。

わたしは、岩波少年文庫の熱心な読者ではなかった
のですが^^ 手にとっていきたいな、と思っていたところ、
今朝の朝日新聞(朝刊)に、魅力的な記事を発見!
【 宮崎監督、50冊に推薦文 岩波少年文庫
  「児童文学がつっかえ棒」
 】


(画像は、床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)

児童文学に関する、宮崎駿監督のことばが、いいです。記事より一部抜粋します。ライン
「取り返しのつかないものを書くのが大人の文学。取り返しがつくかも知れない、

というのが、児童文学。僕は大人の小説を読む人間じゃない」。

児童文学が、「ずいぶんつっかえ棒になってくれた」という。
ライン2


そんな宮崎駿監督が岩波少年文庫から50冊を選び、推薦文を寄せている
というのですから、展覧会の方も、興味シンシン♪

展覧会の詳細については↓ こちらのサイトにて
(中川李枝子さんのメッセージもあります)

宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展

8月4日(水)から西武池袋本店にて。その後、神戸・北海道・愛知・鹿児島と
巡回するようです。これは、行ってみなければ~♪
関連記事

| 原画展 ・講演会・メディア 情報 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1081-4642cf3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。