「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、
なにを学ぶのか~
の続編です。

“英語はいつから学び始めるべきか”
“中高一貫校は幸せへのプラチナチケットか”
“「お金」「仕事」をどう教えるか”
“挫折や失敗をした子どもにどう接するか”
それぞれの問いに、3・4名のスペシャリストが答えて
います。「講義」をうけるつもりで読むことで、
親としての視野が広がる、そんな一冊です。


「悩める親の疑問にプロが答える特別講義」
ということばに惹かれて手に取りました(笑)。
40歳の教科書、となっていますが、要は「子育て世代」向け、ってことです。

(若くして親になった方にとっては、ちょっと年齢設定がずれているけど)
私にとっては、ほぼジャストな年齢設定(苦笑)。



たとえば、“中高一貫校は幸せへのプラチナチケットかについて…
このテーマは、朝日新聞の夕刊の全面広告に掲載されていたので、
こんな漫画を目にされた方もいるかもしれません。

早いうちにいい学校に入れば、あなたがラクできるのよ
それに対して、ドラゴン桜の桜木建二は、こう言います。
その受験で幸せになるのは、子どもじゃなくてあんたたちだろ!!

かなりスパイスの効いた物言いですよね!
ただ、教育雑誌や塾の広告は、これでもかというほど中高一貫の
すばらしさを謳っているので、
これぐらいパンチがきいてないと、いけないのかもしれません。

さて、このテーマの講師陣の一人の藤原和博さんは、
“子どもの「居心地のよさ」を優先しないこと”ということを、おっしゃっています。

一貫校は、生徒も保護者も同質化しやすい。

一方公立は異質集団。その中で
「多様な価値観を知り、自分と異なる価値観を広く受け入れ、
精神的に強くなっていく」



多様な価値観に出会うこと、これは、
「40歳」にも 言えることではないでしょうか。
そういう意味では、この本を読んで感じる違和感や反発も、
それはそれで意味があること、かも。



こちら「40歳」が読むのにもいいです↓。
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書~なぜ学び、なにを学ぶのか~ ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか
関連記事

| 大人向け書籍 ・ブックリスト | 05:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1099-bfb7f347

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。