「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くまのコールテンくん 【本の紹介*57 】

くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)くまのぬいぐるみのコールテンくんは、おもちゃ
売り場で自分を買ってくれる人を待っていました。
ある日、自分のことを気に入ってくれた女の子が
現れ…。読み終わった後は、心が表紙の絵のような
温かな色に染まるおはなしです。
【絵本 *2・3歳~】

ドン=フリーマン 作、松岡享子 訳
/ 偕成社(
1975/05)




画像↑クリックで絵本ナビのレビューページへ

自分のことを気に入ってくれた女の子が現れたのですが、
ボタンがとれていることもあり、買ってもらえませんでした。
そこで、お店がしまったあと、コールテンくんはボタンを探すことに…。

この絵本には「ぼく、ずっとまえから~って おもってたんだ。」
というフレーズが何回か出てきます。
家具売り場を“ごてん”だと思いこみ、
ぼく、ずっとまえから ごてんに すんでみたいなあって おもってたんだ。
ベッドを見れば、
ぼく、ずっとまえから ベッドにねてみたいなあって おもってたんだ。
と言います。
コールテンくん、喜び上手な(?!)ぬいぐるみさん、なのです(笑)。

さて、コールテンくんは、最後には先述の女の子に買ってもらって
めでたくその子の家へ。そこは“ごてん”とは大違い、でも、
ぼく、ずっとまえから うちで、くらしたいなあって おもってたんだ
…よかったね、コールテンくん!

女の子にとってもコールテンくんは、唯一無二の出会いだったのです。
コールテンくんのボタンをつけ、抱きしめるラストにはジーンとしてしまいます。
決して経済的には豊かとはいえないですが、心の豊かさが
伝わってきます。

68 我が家では…68


前回紹介したおとうさんをまってといい、この『くまのコールテンくん』といい
「このおもちゃがほしい」というまっすぐな願いがかなう
おはなしです。
でも、現実には、なにかと買ってくれるヒトがいて
そこまでの思いもなく、手に入ってしまうことが多い息子たち。
手に入るまでのストーリーもあって、
手に入った後のヒストリーがあるようなおもちゃであってほしい、
と思う母、なのですが。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 07:12 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
私も偶然、この絵本の感想を更新したところです。
お茶目でおっちょこちょいなコールテンくんの仕草が可愛らしかったです。
最後はじーんと感動しました。

| りょーママ | 2007/12/11 20:55 | URL | ≫ EDIT

りょーママ さんへ

さっそくブログ、拝見しました。
ボタンを探す「ぼうけん」をするコールテンくん、
可愛いですよね。
折に触れてふと手にしたくなる絵本、なんです。

| なずな | 2007/12/12 00:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/110-617f7007

TRACKBACK

くまのコールテンくん

コールテンくんと小さな女の子との運命的な出会い。 彼女がコールテンくんを家に連れて帰り、やさしく語りかけながら、とれかけのボタンをつけてあげる様子に胸が熱くなりました。 ...

| 素敵な絵本たち | 2007/12/11 21:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。