「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝ブログ3周年と、最近の読み聞かせ

100703.png3年前、長男の9歳の誕生日にブログを始めました。
今日はダブルでお祝いです~♪

ブログを始めたきっかけは、「親子で絵本を楽しんで
いる様子を書き記しておきたい」というものでした。
嬉しいことに、今でも長男は寝る前の読み聞かせ
を楽しみにしてくれています。


ただ、読む物は絵本が中心だった3年前とは、様変わりしました。

長男にも聞いてほしいし、5歳下の次男もついてこられる、
そういう内容とボリュームのものを、
毎日の読み聞かせに用意する、というのは、結構大変で。

試行錯誤した結果、今は、昔話が中心です。
年齢幅が広く、繰り返し聞いても飽きない…

昔話の魅力を再認識しました!

先日、ラング世界童話全集〈12〉くじゃくいろの童話集 (偕成社文庫)
から、「ブロンズのゆびわ」という話を読んだのですが、
読み終わった後、長男が、「この話、『犬とねこと うろこ玉』に似てるね」と。

確かに、物語の後半が『犬とねこと…』に、そっくりなのです。
(『犬とねこと…』は、子どもに語る 日本の昔話〈1〉に収録されている日本の昔話)
類話がすぐ浮かぶ、なんて、なかなかの通、です!


また、同じくラングが編纂した「シンデレラ」を読んだ時も、
以前読んだ子どもに語るグリムの昔話〈4〉の「灰かぶり」との違いを口にしたり。

長男、ちょっと昔話にはうるさい、十二歳です(笑)。
ラング世界童話全集〈12〉くじゃくいろの童話集 (偕成社文庫) 子どもに語る 日本の昔話〈1〉

来年はもう中学生、いつまで聞いてくれるか本格的に心配していますが、
リクエストがある限り、昔話の読み聞かせを続けようと思っています!!
関連記事

| よりみちカフェ | 08:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは☆

長男さん、確かに通ですね(^_-)-☆
読み聞かせを続けていると、子どもは思いがけない洞察力を示し、驚くことがありますよね。

さて、上の子と下の子の年齢が離れていると、上の子は長い間、読み聞かせを楽しむことができて、ラッキーですよね。
下の子に読んでいても、上の子はこっそり?聞いているものです。
家の息子も中学生になっても、知らん顔をしながら、耳をそばだてていました。
たまに、小声でぶつぶつと突っ込みが入るので分かります。
家は3歳違いですが、下の子が中学生になった時点で、終わってしまいました(-_-;)
なずなさんの長男さんなら、高校生になっても聞いてくれそうですよね。

| ナン | 2010/09/23 20:37 | URL |

ナンさんへ

ナンさんちでも随分長く読まれていたんですね。
聞いていないよ、というポーズを取りつつ、
小声でツッコミ入れている息子さん。光景が浮かぶようです。
形は変われど、我が家でも続いていくといいな、と思っています。

この夏、ラング作『りこうすぎた王子』(岩波少年文庫)を読みましたが、
昔話好きの長男に好評で^^
実は、この週末に福本友美子さんの講演会
“フェアリーテイルに魅せられて
~『りこうすぎた王子』とラングについて”
というのを聞いてこようと思っています。

| なずな | 2010/09/24 08:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1102-899236c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。