「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「だるまさんがころんだ」

だるまさんが昨日公園に家族で散歩に行った時、元気が
有り余って息子たちが走り回っていたので、
「だるまさんがころんだ、やろっか」と誘って
みました。
息子達はおおはりきり~ついには、夫も巻き
こみ、4人で「だ・る・ま・さ・ん・が・ころんだ!」

久々にやったけど、楽しかったわ~。職業柄
やることもありますが、手加減なしの本気モード
は、久しぶりなのです。


ふと、学生の時、夏合宿で訪れた乗鞍高原で、
「だるまさんがころんだ」をやったことを思い出しました。

たぶん、冬はゲレンデになると思われる宿舎の前の丘。
そこを、駆け下りるのです!
当然、鬼がふりむく時は、動いてはいけません。みんな必死。
ハァハァ言いながら楽しんだ、という思い出。



さて、だるまさん、といえば、
もうすっかりファーストブックとして定着した感がある、
かがくいひろしさんの絵本、『だるまさんが』。

でも、この絵本は、「だるまさんがころんだ」が、下敷きとしてあるんだろうな、
「だるまさんが」の繰り返しと、
ページをめくった時の意外性が楽しい。



ところで、家族で「だるまさんがころんだ」をやったことに話を戻すと、
息子達とこんな風に遊べるのは、今だけでしょうね。
そのうち息子達が遊びにのってこなくなる?
それよりも、私の方が体力的にやらなくなる?

あ、それより、もしかして、
「そんな遊び、大人になると恥ずかしくてできないわ…」って
言う人の方が多いのかな?(笑)
すみません、そこのところは、わたしハードル低くて、
つい子どもと一緒に遊んじゃいます~

これを読んでいるアナタも、機会があれば、久しぶりにやってみませんか?
関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 00:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

すてきですね

こんにちは
家族で『だるまさんがころんだ』できるっていいですね
ステキです
旦那さんもやってくれるなんていいなあ

ウチは上二人は高校生以上なんでのってくれません
たぶん夫も・・・
末娘はやりたがるかな
機会があればやってみたいです

| nonnkinaminnti | 2010/10/13 04:55 | URL | ≫ EDIT

nonnkinaminnti さんへ

大きくなると(大人も)、やり始めは確かに勇気がいります!
でも、そこを乗り切っちゃえば、
何度もやりたくなっちゃうかも(笑)。
単純だけど、いや、単純だからこそ
繰り返し楽しめるんですよね。
そういう意味では、絵本に通ずるところもあるかも。

私は、やりすぎて、ちょっと筋肉痛になったほどです♪

| なずな | 2010/10/13 20:03 | URL |

全国的には、だるまさんなんですねぇ。
私は、「ぼんさん(お坊さん)が屁をこいた」でした。
今から思うとなんで、屁やねんと思うのですが当時はそんなもんとして遊んでました。

| あかなめ | 2010/10/14 22:16 | URL | ≫ EDIT

あかなめさんへ

どうやら10文字ならいいようで、各地に
いろんなバージョンがあるようですよ。
でも、よりによって、「坊さんが屁…」になってしまうあたりが、
なんか関西やわぁ~(笑)。

| なずな | 2010/10/15 21:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1113-c397efd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。