「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注目の新刊絵本(’10.9~10月) その2

かしこいさかなはかんがえた前回に引き続き、「はじめましての絵本たち」
(新刊絵本紹介の会)で出会った新刊絵本の
中から、私が気になった本を、簡単に紹介
します。

かしこいさかなはかんがえた

進化のことを取り上げた絵本。でも、科学絵本
的な固さがなく、おはなし仕立て。
5・6歳ぐらいからなら楽しめそう。


かげ (講談社の翻訳絵本)
かげ (講談社の翻訳絵本) 

ことばは添えられておらず、シルエットがストーリーを語る、
ちょっと他にないタイプの絵本です!



おきゃく、おことわり?
おきゃく、おことわり? 

追い出そうとしても追い出そうとしても、
いろんなところから顔を出す、「おきゃく」のねずみくん。
何だか、往年のトムとジェリーのよう、はたまた恋愛の比喩のよう?!



ピンクのれいぞうこ

がらくた置き場にあったピンクのれいぞうこ。
絵を描いてみない?ということばとともに、
扉の中に絵具とスケッチブッが置いてある。
れいぞうこの扉を開くたび、別な楽しみが用意されているのです。
でも、ある時、中身はからっぽ、その時主人公は…?

ピンクのれいぞうこ 



フィボナッチ―自然の中にかくれた数を見つけた人

フィボナッチ数列を発見した人の物語。文章は長めです。



覚書程度の紹介なので、参考にならないかもしれませんが、
よかったら、手にとってみてくださいね~
関連記事

| 新刊絵本 ・復刊絵本 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1117-8b8218d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。