「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訃報 佐野洋子さん(絵本作家・エッセイスト)逝去

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))昨日11月5日に、佐野洋子さんがお亡くなり
になったそうです。
今朝の朝日新聞にも書かれていました。
医者に余命2年と宣告された際に外国車の
ジャガーを購入した様子を描き、「毎日が
とても楽しくてしかたがない」と軽妙に語って
いた。
ああ、とても佐野洋子さんらしい…。
ご冥福をお祈りします。



このブログで紹介した、佐野さんの絵本です。

100万回生きたねこ(紹介記事) 

さかな1ぴき なまのまま(紹介記事) 

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1)) さかな1ぴき なまのまま


だってだってのおばあさん(紹介記事) 

おじさんのかさ(紹介記事)

 だってだってのおばあさん おじさんのかさ (講談社の創作絵本)
関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 15:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も昨日はショックでした。
子どもと楽しんだ絵本とか思い出したら、うるっときました・・。
まだまだ、たくさんの絵本を書いてほしかったですよね。

私は「だってだってのおばあさん」が大好きでした~。
明日図書館に行って、佐野さんの絵本、いろいろ借りてみようと思います^^

余命2年って宣告されておられたんですね・・。きっと心残りのないよう、
日々楽しくお過ごしになったことでしょう。(ジャガー購入もさすがですね!)
ご冥福をお祈りします。

| るるる☆ | 2010/11/06 17:08 | URL |

私も佐野洋子さんの絵本には、思い入れがあります。

特に「おじさんのかさ」は、いろんな所で読み聞かせに利用させて戴いておりました。
子どもから大人まで、多くの世代の方に、様々な感想を戴きました。

それから、「空とぶライオン」も、読む度にウルウルとさせられ、癒されてきました。

そして、「おぼえていろよ、おおきなき木」も、忘れられない作品です。

それから、それから…。
思いは尽きません。

心よりご冥福をお祈り致します。

| ナン | 2010/11/06 20:36 | URL |

余命告知からのお話はなずなさんのブログで初めて知りました。
まだまだ新しい絵本に出会えていたのかもしれない、って考えると寂しいですね。。。
読んだことのない絵本がまだまだ沢山なので読みたいと思います
ご冥福をお祈りします。

| ☆だ~な | 2010/11/07 00:20 | URL | ≫ EDIT

後何回

「100万回生きたねこ」みたいに後何回この世に現れて下さるのでしょうね。

「おじさんのかさ」も好きです。
エッセイも惚れ込んでました。

ご冥福をお祈りします。

| みちこサン | 2010/11/07 01:04 | URL |

るるる☆さんへ

新聞だけでなくネットでもニュースになっていましたね。

「100万回生きたねこ」では、別のねこに生まれ変わることによって、
新たな命を得ました。
「だってだってのおばあさん」は、5歳になってみるおばあさんの話だけど、
読み返すと、こんな風にすると新たな命を得たようになるよと
言われているような気がします。

わたしも、図書館に行って佐野さんの絵本借りてこようと思います。

| なずな | 2010/11/07 15:49 | URL |

ナンさんへ

いろんな世代の人に愛される、息の長い絵本を
作られる方でしたよね。

佐野さんの絵本を初めて読んだ時、
私にはすぐには理解できない部分があるんです。
それが気になって何度か読むうちに、
だんだんその絵本の持っている主題の
大きさに気づくのです…

まだ読んでいない佐野さんの絵本、
これからじっくり読んでいこうと思います。

| なずな | 2010/11/07 15:55 | URL |

☆だ~なさんへ

「100万回生きたねこ」息子たちは、これ読んで、と言って
時折リクエストしてきます。
ラストの方、最初の頃は涙に声をつまらせながら読んでいました。
死を向きあうということを、絵本を通して経験させていただいて、
やっと涙声じゃなく読めるようになりました。

私も未読のものがいっぱいあるので、
読んでいこうと思っているところです。

| なずな | 2010/11/07 16:20 | URL |

みちこサン さんへ

エッセイでは「ふつうがえらい」が、わたしは好きです。
まだ20代の頃に手の取った本です。
ベタベタしたところがなく「男前」な感じがよくて。
こういう見方があるんだ、と、
何度も目からウロコが落ちた思いがしました。

佐野さんの絵本の登場人物も、
どことなく佐野さんに似ていたりして。
たくさんの作品を遺して下さった佐野さんに、
ありがとうございました、と言いたいです。

| なずな | 2010/11/07 16:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1125-d98cf084

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。