「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注目の新刊絵本(’10.10~11月) その2

よるのいえ (大型絵本)前回に引き続いての新刊絵本紹介、今回は
海外絵本篇、いきます~

よるのいえ (大型絵本)
これは このいえのかぎ
いえには あかりがともっている
あかりは べっどをてらしている
…」
マザーグースを連想させるようなことばと、
ワンダ・ガアクを彷彿とさせる、クラシックな絵!
2009年のコールデコット賞受賞。
 




どろんこのおともだち

クラシックな感じの絵ですが、最近の作家さんです(笑)
同じ作家さん(バーバラ・マクリントック)のないしょのおともだちも好きだったけど、
このお話に登場する女の子、とても子供らしくて、好き!
結末にも、はくしゅ~。


どろんこのおともだち ないしょのおともだち



ゆき

シンシア・ライラントが、雪の情景を一つ一つことばで切り取っています。
小手鞠 るいさんの訳も成功していると思いました。
読むと、雪が待ち遠しくなる、そんな絵本です。

遠目がきくので、冬のおはなし会向けの絵本では?!



まほうつかいのトビィ

イギリスで活躍されているカズノ・コハラさんの新刊。

同じ作家さんの既刊の絵本おばけやしきにおひっこし や、
ふゆのようせいジャック・フロストと比べると
配色(黒と ふじいろ)の関係で、遠目につきにくいのが、ちょっと残念。
でも、きりりとしていながら かわいい絵、私は好みです。



ベンジーのもうふ

「くんちゃんシリーズ」のドロシー・マリノさんが絵を描かれています。
くんちゃんのはじめてのがっこう(紹介記事)

子どもを見守る大人のまなざしがあたたかい、
この作家さんは、そんな絵本を作られるんです。
このベンジーのもうふも、そう。

海外では1962年に出版された絵本だそうです。



おかのうえのギリス (大型絵本)

あの名作はなのすきなうし(紹介記事)を作った、マンロー・リーフ
ロバート・ローソンのコンビによる絵本。

こちらは、1938年に海外では出版されたのだとか。

絵本の中に出てくる、オートミールのおかゆが、参加者の話題に。
おかのうえのギリス (大型絵本)



気になる絵本はありましたか?
今回挙げた6冊、クオリティー高し。手にとって見てみてくださいね♪
関連記事

| 新刊絵本 ・復刊絵本 | 16:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なずなさん、
今回もご参加ありがとうございました。
いろいろお楽しみいただけたようでよかったです。

オートミール、
絵本や物語ではたいがい美味しくないものの代表みたいに描かれているのですよね。

わたしはオートミール大好き!
疲れたときなんかにも食べたくなります。
もっとオートミールのおいしさを広げたいわ~。

ではでは、
またのご参加をお待ちしておりますね。

| 三蔵 | 2010/11/21 12:00 | URL |

三蔵さんへ

今回も素敵な絵本がたくさんあってうれしかったです^^

「はじめまして」の翌日、偶然身近にオートミール話が。
お父さんが外国の方という子が朝食に
「オートミールのおかゆ、食べてきました」と登園。
三蔵さんたちと会話したばかりだったので、
うふふ~と笑ってしまいました。

保育園で食べた人気メニューの名前、「スコットランド風ぞうすい」
でした。レシピ入手して、再現してみたいな。

| なずな | 2010/11/23 21:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1130-e7d57148

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。