「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

俵万智の子育て歌集 たんぽぽの日々

たんぽぽの日々俵万智さんが、ご自身の子育ての中で感じた想いを
綴った、歌集&エッセイ。
詠まれているのは、親と子の、何気ない日常。
そうそうウチもそう、と、クスっと笑ってしまう歌
ほろり、とさせられる歌。

本のタイトルは、この歌にちなんで。

たんぽぽの綿毛を吹いて見せてやる
いつかおまえも飛んでゆくから


何気ない、「子育ての日常」のひとこまです。
でも、見過ごしてしまいがちな情景や、流れ去ってしまう感情を
歌にして、とどめてくれている。・・・

子どもは、たんぽぽの綿毛のように、いつか自分の元から巣立っていくもの。
だから、一緒にいる限られた時間を、大切にしたい、という想い。




機嫌のいい母でありたし
無農薬リンゴひとかけ摺りおろす朝

この歌に添えられたエッセイには、こんなことが書かれています。

子どもの環境を考えるとき、大事なことはさまざまあるだろうけれど、
「おかあさんの機嫌がいい」というのが、一番ではないだろうか。
ものすごくシンプルで、簡単そうなことだが、
環境としての「機嫌のいいおかあさん」を維持するのは、実はとても大変だ。

そうなのよ。そうなんだよね!
これを読んでから、「機嫌のいい母」は私のテーマになりました


この本から、わたしの、お気に入りの歌をいくつか。



のど自慢の鐘なら幾つ鳴るだろう
叱りすぎたか甘やかしたか


振り向かぬ子を見送れり
振り向いた時に振る手を用意しながら


落ちこんでいるひまもなく子を風呂に入れおり
どうってことはなかりき



もともとは、親向けの雑誌『エデュー』に連載されていたものを
一冊にまとめたもの。私は掲載当時も時々読んでいました。
うん、装丁がいいですね。
正方形に近いこの形、添えられた写真も。

たんぽぽの日々


こちらの歌集もおすすめ。 生まれてバンザイ
生まれてバンザイ
関連記事

| 大人向け書籍 ・ブックリスト | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1156-dd5a8876

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。