「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベランダ菜園 ミニトマトは今年も「永田農法」で育てます

110504-6.jpg一番花のついたミニトマト苗が出回ってきました。気温も高め
で安定しているので、今日植え付けました。

おとどしは、カラーピーマン、去年はシシトウにもチャレンジした
のですが、今年はゴーヤとミニトマトに絞ってみました。
ミニトマトは、「永田農法」で育ててみようと思います。
「永田農法」って何?という方も多いと思うので、追記では
写真付きで説明しますね。


永田農法とは、日向土という軽石を用いて、液体肥料で栽培する方法です。
一番の特徴は、「必要最小限」の水・肥料で育てる、というところ。
永田農法でつくるベランダ・屋上菜園
永田農法でつくるベランダ・屋上菜園 


日向土は通気性が良く、乾燥しやすいです。

去年は、永田農法でゴーヤ、ミニトマト、シシトウを育てましたが、
ゴーヤはイマイチな感じでした。
なので、ゴーヤは、おとどし試して大成功だったこの土、★ゴールデン培養土★
に戻して栽培する予定です。

一方、ミニトマトは、日向土が合っていました。
しかも、フェンスのトレリスにつたわせていく、という作戦が大成功。
これは、たなかやすこさんの著書 
シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園
を参考にさせていただきました。

これに気をよくして、今年はミニトマトを品種違いで3種類育てることにしました。
(「千果」「アイコ」「ジューシーミニ」)



さて、永田農法での、植え付けについてです。

肥料(永田農法で用いる液体肥料についての記事はコチラ)を薄めて、
あらかじめコンテナの土を湿らせておきます。



次に、苗の準備。

110504-2.jpg 
買ってきた苗をバケツにつけて、培養土をとりのぞきます。



110504-3.jpg 
土がとれて、根があらわに~



110504-4.jpg 
さらに・・・長く伸びた根を、5センチぐらいでカットしちゃいます。
え~?大丈夫?って思われるかもしれませんが、
こうすることで、新しい根っこを伸ばしてくれるのです!


110504-5.jpg 
根を広げるようにして、浅目に植え付けます。

110504-6.jpg 
植え付け完了~ 
2~3日は直射日光をさけ、土が乾いたら水をやります。

強風にも弱いので、根がついた頃を見計らって、フェンスに。
それまでは、風のあたらないところに置いておきます。

昨年の収穫時の様子は、コチラ


なお、永田農法にトライするなら、土・資材はこちらのお店。
★ガーデニングどっとコム★
日向土・もみがら・液肥・マルチング材など、永田農法でしようするものの
品ぞろえがよく、3150円以上で送料無料になるのがうれしいです。
関連記事

| よりみちカフェ | 16:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夏野菜スペシャルですねぇ。
私もプチトマトの苗を買ってきました。今年こそ甘いのをプチッと生ればいいなあと思ってます。

業務連絡
こちら大阪では今週から水曜どうでしょうの新作が始まりました。
出演者のトークはますます磨きがかかってましたよ。ただ、ミスタさんは藤村さんみたいに太ってました。

| あかなめ | 2011/05/06 16:44 | URL | ≫ EDIT

あかなめさんへ

去年うまくいったことに気を良くして、本数を増やしてみました。
すると・・・次男がチャ*ンジをやっていて、
その付録もミニトマト栽培セットで^^
一瞬、たくさん出来たらどうしよう~と心配になりましたが、
ミニトマトなら、たくさんあっても困りませんよね。

どうでしょう新作の放映、おめでとうございます。
私は、関西に住む母に録画をお願いしています~

| なずな | 2011/05/07 13:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1189-5c6a2d3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。