「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 『人生がときめく片づけの魔法』と、片づけ本いろいろ

人生がときめく片づけの魔法昨日、人生がときめく片づけの魔法を買ってきて、
読んでいる途中なのですが・・・ふと思いました、
私ってこれまで「片づけ」系の本、かなり読んでるなって。
今ブームのやましたひでこさんの新・片づけ術「断捨離」
かつて一大ブームを巻き起こした、辰巳 渚さんの
新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)
大原照子さんの少ないモノでゆたかに暮らす
金子由紀子さんのお部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
これらを読んで片づけを始めたり、逆に片づけの
「景気づけ」に、これらの本を読んだり。




共通するのは、いわゆる「収納系」ではなく、「捨てる」系ということ。



この中で一番初めに読んだのは、大原照子さんの少ないモノでゆたかに暮らす
だったかな?ものが少ないから管理も楽、掃除も楽という視点を
わたしに与えてくれた一冊でした。

モノから自由になるだけでなく、著者は料理研究家という肩書も捨てて
イギリスに単身留学するのだから、すごい。
副題は「シンプルライフのすすめ」。



新装・増補版 「捨てる!」技術 (宝島社新書)は、読むには読んだけど、
ビジネス書仕様だったのと、言い回しが冷たい感じがして
いまひとつ響きませんでした。



お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし

金子由紀子さんの本は、提示が押しつけがましくなくて
一番自分の気分に近い感じ。
金子由紀子さんの本を手に、お片づけ。という記事も過去に書いています。



冒頭に挙げた中で唯一立ち読みですませたのは、新・片づけ術「断捨離」

う~ん。これは私とはソリが合わない。

もっと言うと、ヨガ用語の断捨離を、こんな風に使ってほしくない。
ダンシャリアンとか、断捨離セラピーとか・・・これじゃまるで
断捨離商法じゃん!と、つい、毒を吐きたくなる。



人生がときめく片づけの魔法の著者は、少女時代に「捨てる!」技術を読んで
衝撃をうけたそうです。なにしろ、5歳の頃からESSEをむさぼり読み
お片づけに精を出す、収納ヲタク(!)だったそうですから、
衝撃を受けるのもムリないですね。

コンサルティングを受けたお客さんから
「人生が劇的に変わった」と、報告のメールが届くというクダリは
苦笑いしながら、「ホンマでっか?」と呟いてしまいますが、
なるほど、と思わされる点もたくさんあって。

たとえば、物を、服なら服でアイテム別にひっぱり出してきて、
いらないものを判別していく。その時の基準は、
手にした時「ときめくかどうか」。

片づけは、「捨てる」ものを見つけるのではなく、
自分にとって大切なものを残す作業、なのだと。

この本については、読み終わったら、いつか記事を書こうかな、と思っています。
関連記事

| よりみちカフェ | 07:31 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

片付けは永遠の課題です・・・苦笑
私も金子由紀子さんの本がピン☆ときて1冊購入しました!
断捨離商法にも同感します~
ここ最近で、色々な断捨離本が出てきたのにビックリ!
あぁ・・・
片付けする時間を作ることから始めないとです(^^;)

| ☆だ~な | 2011/06/05 00:57 | URL | ≫ EDIT

☆だ~なさんへ

読み終えて、早速着手しています。
これは、勢い、が大切だと思ったもので^^
場所別ではなく、モノ物に、難易度の低い順から、捨てていく
という手順を踏まえてすすめようと思います。
忙しい☆だ~なさんは、アイテムをしぼってするといいかも!

片付けは祭り!など、おもしろい表現が出てきて、楽しめた本でした。

| なずな | 2011/06/05 16:04 | URL |

わたしもこの本を買って読んで、今友人に
回しています。
さっそく勢いではじめなきゃ・・・と、手順通り、わたしの洋服から、
子どもの洋服まで、ときめく・ときめかない・・・でやったところで
ストップしています。(⇒だめじゃないの・苦笑)
勢いですねー。

でも、なずなさんのおうちは、とってもすっきり
している気がしますよ。
いつもきれいに整っているもの。

我が家も、夏休みの家庭訪問前に、なんとかしないとなぁ
ちょっと焦り始めています(苦笑)

| 琴子 | 2011/06/08 22:55 | URL |

琴子さんへ

琴子さんもこの本買ったんですね!

わたしは、年に一回ほど「片付け熱」というものを出します(笑)
何かにとりつかれたように片付けるんだけど、すぐリバウンド~
リバウンドなし、という言葉にひかれてこの本を手にとりました。

週末に「片付けまつり」、いや「片付け小まつり」程度なので、
捨てる、を完了するのには、まだ時間がかかりそう。ムムム。
明日は本に着手の予定、結構難関デス。

| なずな | 2011/06/11 20:05 | URL |

わたしもこの本を友人にすすめられ、今借りて読んだところです。
はあ、重い腰があがらん!ってところですが、やらなきゃやらないで、胸がざわざわしてきて。
明日からとりかかろうか~なんて思っていたところに、なずなさんの記事発見。
これもご縁か・・。堪忍してクローゼットから着手していこ。

| まつりか | 2011/06/13 03:16 | URL |

まつりかさんへ

縁、といえば… 家やそこにおさめている物、それはモノではあるけれど、
著者のいうとおり、何らかの縁あってそこにあるわけですネ。
その視点は、今まで読んできた片付け本の中には、なかったです。

捨てるの作業を一気に終えて、すっきりしたいのですが、
まだわたしも、道なかば…笑。お互いがんばりましょ♪

| なずな | 2011/06/14 20:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1202-a886c2fd

TRACKBACK

「人生がときめく片付けの魔法」その後

近藤麻里恵さんの「人生がときめく片付けの魔法」を読んで、家の中の片付けを始めた話を前に書きました。 今日はその後の経過をご報告します。 2回の地震で家の中のモノが散乱した我が家。どうせ片付ける...

| 心に残る本 | 2011/06/04 08:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。