「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなはほるもの おっこちるとこ 【本の紹介*66 】  

副題は、ちっちゃいこどもたちのせつめい
扉の言葉によると、保育園・幼稚園の子どもたちのことば
が元になっているようです。子どもならではの発想や迷言に
クスクス、でも、なかなかの名言も。
かいじゅうたちのいるところ』でお馴染み、モーリス・
センダック
の絵がそえられた、楽しい“ことば集”です。
【絵本 *4・5歳~】

ルース・クラウス 文、モーリス・センダック 絵
渡辺茂男 訳 / 岩波書店(1979.7)



どろんこのページには。。。
 
どろんこは とびこんで すべりこんで
おっころりんの しゃーんしゃんて やるところ
おっころりんの しゃーんしゃん


。。。ということばがあります。
そして、飛んだり寝そべったり…思い思いに遊んでいる
子どもたちの絵。本当に楽しそう!
「おっころりんの しゃーんしゃん」って原文はどんな文なんでしょう?
翻訳の妙ですよね。
私も、童心に戻って「おっころりんの しゃーんしゃん」てしてみたい(笑)。

ては つなぐために あるの
(別ページには) だきあうために うでがあるのよ

ということばも名言だと思いませんか?
こんな子ども達の純真な気持ちに、みんながなれたら、
きっとこの世から争いごとなんかなくなるのに…ね。


68 ちょっと寄り道~68

ルース・クラウスは、早春に読みたくなる絵本はなをくんくんの作者でもあります。はなをくんくん
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちをクリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/122-e2566624

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。