「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『こびとづかん』をめぐって 

こびとづかん (cub label) 先日、友人からメールがありました。
小学校低学年の 娘ちゃんが「こびとづかん」を
読んで楽しんでいるそう。以前私がこのブログで
この本のことを紹介したのが、きっかけだったそう。
わぁ、うれしい!!!

紹介記事は、こちら こびとづかん 関連記事

最近下の娘ちゃん(幼稚園児)も園で読み聞かせを
してもらって、姉妹でこびと関連本読んでいるそう♪


友人のメールには、こんなことも書いてありました。

…あまりにも信じて熱中しているYちゃん(娘ちゃんの名)。

ダンナは、こびとは「本当はいない」と知らせた方がいい、と言うんだけど、

つい私はなんとなく調子をあわせています。

サンタジレンマのようです…。対応に迷ってます。



携帯で友人に返信しようかとも思ったのですが、携帯メールを打つのが
苦手だし、大切な要素を含んでいると思ったので、
このブログに取り上げる形で、返信させてもらおうと思います。



私がこのメールを読んで新鮮に感じたのは、娘ちゃんが、
あまりにも信じて熱中しているという部分。
というのも、うちの子達は、最初から、パロディーとして楽しんでいたからです。

こびとを信じられる娘ちゃん、すばらしい!と私は手放しで思います。


ダンナさんが心配されるのも無理ないな、とも思います。
なにしろ、こびとを信じて、いろんなところで こびとを探そうとするそうですから、

でも、わたしとしては、「ここはひとつ、娘ちゃんの“こびと熱”を
そっと見守ってあげて」と、言いたい!!

こびとだったり、サンタクロースだったり、妖精だったり、・・・
そういう存在のもの、目に見えないものを信じることって
とても大切なことだと思うのです。

「目に見えないものを信じること」
については、松岡亨子さんの一文を紹介します。 


サンタクロースの部屋(紹介記事)

それと、もう一つ、ダンナさんと友人で対応に違いがあるのも、
それはそれで、私はいいと思います。

調子をあわせるのもよし、訝しがるのもよし。

ダンナさんが、こびとを完全否定しちゃうとあれだけど、
「パパは、今まで一度も見たことないぞ、こびと、って本当にいるのか?」
というスタンスも、いいと思うのです。

でも、あとは、娘ちゃん自身の心に任せてあげてほしいと思います。

こびとから卒業する時は、いずれ来ます。
その時は、
「サンタクロースの部屋」、ならぬ、「こびとの部屋」が
娘ちゃんの心にちゃんと出来ているのではないかと、私は思います。
関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 08:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こびとづかんその後

なずなさま

アドバイスどうもありがとう!(^^)!
こびとの部屋ですか、なるほど・・・。
温かく見守っていくのがよさそうですね。親子で楽しめる話題をみすみす無くするのもナンセンスですよね。

結局はダンナも次女の夢を壊さない方針にしてくれています。

先日、同じ話題をママ友と話していたら、本当にこびとはいないのか?とかいう話になり、その友人は、こびとのみならず魔女やドラキュラや宇宙人などの存在を全部信じている、と言っていました。今度森へこびとを探しに行こうか!なんて話で盛り上がったりしました。波紋が広がるこびとづかんです。
確かに私も見たことはないですが、いないと断言はできないわけで・・・。
(私の中では密かに、「こびとづかん」のこびとと「1Q84」にのこびとがちょっとかぶっているんですけどね)

こびとに半信半疑の長女(小2)の揺れ動きぶりもなかなか笑えます。

おもしろい本を教えてくれて本当にどうもありがとうね♡

| こびと姉妹の母 | 2011/09/10 23:38 | URL |

お久しぶりです☆
ずいぶん前に買っていた本でしたが、なぜか今になって我が家でも大ブームで・・・
言いずらい名前ばかりなのに、すっかり覚えて言っています
何冊か出ているので他の本も見てみたいと思います♪

| ☆だ~な | 2011/09/10 23:59 | URL | ≫ EDIT

こびと姉妹の母さんへ

ダンナさんの理解も得られてよかったね。
それに、こびとや魔女やドラキュラなどの存在を全部信じている
というママ友さんのことば、心強い!!

私は、ずーっと前に読んだ、倉本總の『ニングル』を思い出しました。
その本では、自然への畏敬の念を忘れた人間の業が
描かれていたような。記憶曖昧…(笑)
一方、こびとづかんのこびとは現代社会に馴染みきっていて、
そこがまた笑えるんですよねぇ。
また、こびと談義しましょ♪

| なずな | 2011/09/11 20:03 | URL |

☆だ~なさんへ

この夏、サンクス(だかどこかのコンビニで)、こびとフェアー
やってました。店のあちこちにこびとの絵があって、
販促品もあったので、そういうこともあって、
またブーム盛り返しているのかな?

そうそう、言いづらい名前なのよね。
特に男の子は、昆虫覚えるみたいな感覚でこびとの名前覚えるかも。

今晩うちも読もうっと!

| なずな | 2011/09/11 20:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1230-196431cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。