「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

読み聞かせに行ってきました

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)次男のクラスに読み聞かせに行ってきました。
最初に読んだのは、もこもこもこ(紹介記事) 。
「たにかわしゅんたろう」という作者名に、子ども達
「知ってる~」。教科書でもおなじみ、ですもんね。
読み始めると・・・「これ、なんだろう」「ミカクニン生物
とか?」思った事を口にする子、ニコニコ笑いながら
見ている子、不思議そうな面持ちの子。

この絵本、小さい子には数えきれないほど読んで
いましたが、小学2年生もしっかり楽しんでいました。


2冊目は、3びきのかわいいおおかみ(紹介記事)

「3びきのこぶた」なら、知ってるけど・・・との声。
読み始めてすぐに、これはパロディーなのだ、と、理解していました。

おおかみたちは、最初レンガで家を作ります。
そこに、おおぶたがやってきて「ふうーつっと ふいたり ぷうーつと ふいたり」。
それで、だめだとわかると、おおきなハンマーふりまわして
レンガの家を壊してしまう、おおぶた。
 
「どんだけ、最強よ!」 「すごっ!」 素直な反応が、嬉しい。

次に、おおかみが別の材料を調達するシーンでは、
「今度は、大丈夫じゃない?」「また、おおぶた、来た」
などなど・・・。

こうやって自由に発言していても、おしゃべりに走ってしまうことなく、
ちゃんと話の流れに乗ってしゃべってる。
そうですね、あいの手が入る感じ、といったところでしょうか?

すごく楽しい読み聞かせでした。
小学2年生って、理屈っぽく物を言ったりするけど、発想がかわいかったし。



読み聞かせ、私の息子の学校では、クラスのお母さんが毎週一回担当しています。
読み聞かせは、希望制なので、クラスによっては希望者がいなくて苦労するよう・・・。
でも、うちのクラスは、希望するお母さんが多く、
希望しても、学期に1度順番がまわってくるぐらい。
なので、読み聞かせの回は、一回一回が、真剣勝負!の、わたしです(笑)
関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/1237-9d6bb4fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。