「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

でんしゃにのって 【本の紹介*71 】

でんしゃにのって車掌さんによる駅名のアナウンスが流れ、電車は駅に。
一駅ごとに動物が乗りこんできます。
小さな子でも「つぎはこのどうぶつ!」と検討がつく
のが、またイイんです。
この絵本の、オススメの読み方については、
追記↓を ごらんくださ~い。  
【絵本 *赤ちゃん~】

とよたかずひこ 作 / アリス館 (1997/06)



とよたかずひこさんの絵って、見ていると柔らかい気持ちになってきます。
例えるなら、偶然電車で乗り合わせた赤ちゃんが、にこ~っとしてくれて
思わずこっちも笑顔を返してしまう時、の感じ!
ってわかっていただけます?
 

この絵本、仕事で(保育園です)親子の集まりの時に読みました。
子どもを膝にのせて私が読むのを聞いて下さっていたお母さんたち。
私が「ガタゴトー ガタゴトー」のところで、絵本をガタガタ揺らしたところ、
お母さん達が誰からともなく、「ガタゴトー ガタゴトー」と言いながら
子どもをのせた体をゆらし始めました!
ガタゴトー ガタゴトー」のフレーズが出るたびに、子どもたち、大喜びです!

ガタゴト揺れながらの読み聞かせ、ご家庭でもいかがですか?!
臨場感があって、この絵本がさらに楽しくなりますよ!


68 ちょっと寄り道~68

以前ご紹介した、とよたかずひこさんの絵本↓の記事にもお立ち寄りくださいね。
どんどこももんちゃん

ところで。
とよたかずひこさん、飛行機が苦手で、移動手段はもっぱら電車、だそうで。
だからでんしゃの絵本がしっくりくるのかしらね!


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/赤ちゃん ~ | 10:28 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

なずなさん、あけましておめでとうございま~す♪
ご挨拶遅くなってごめんなさい(^エ^;)
年末年始は、出かけることが多くてバタバタしちゃったので
こんなに遅くなってしまいましたぁ。

昨年は、絵本のお話やお子さんのお話が聞けてと~っても楽しかったです。
今年もこんな私ではありますが、仲良くしてやってくださいませ♪

さてさて、私も昨年この絵本を紹介しましたよん!
ほのぼのとしていて、とってもかわいらしい絵本ですよねぇ。
駅の名前に笑ってしまい、おばさんたちの貫禄に
「おぉ~来たぁ」と思ってしまいました。
でも、子どもの目線だと大人ってこのくらい大きいし、
不安がこんなに大きく見せるのですよねぇ。
私も子どものころに姉妹で長距離電車に乗ったので、
このドキドキ感わかるぅ~!!
ぜひぜひ、TBお願いします。
こちらにもTB利用してくださいませ。

今年もなずなさん家族に
た~くさんの幸せがありますようにぃヾ(@^▽^@)ノ

| ミヅポン | 2008/01/10 14:07 | URL | ≫ EDIT

ミヅポンさんへ

ミヅポンさん、今年もよろしくお願いしま~すっ!
こちらこそ、こんなわたくしですが、仲良くしてくださいね☆

「でんしゃにのって」は息子たちの電車ブームが去ったあとに
出会った絵本です。もう少し早く出会いたかったな~。
「おばさんたちの貫禄」と、ちょこんとすわっている女の子の
感じがいいですよね。

ミヅポンさんのブログにも、またゆっくり伺わせていただきますね!

| なずな | 2008/01/10 18:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/127-e63c9a23

TRACKBACK

でんしゃにのって

でんしゃにのってとよた かずひこ (1997/06)アリス館 この商品の詳細を見る 対象年齢:3歳くらいから~ 著者の紹介☆ 作:とよた かずひこ…1947年宮城県に生まれ、早稲田大学第一文学部を卒業しました。 ♪

| ジアスのリトルアイランド | 2008/01/10 14:08 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。