「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うんちっち 【本の紹介*6 】

うんちっち (わたしのえほん)うさぎのこ‘シモン’は、ことばを たったひとつしか
いえませんでした。それは・・・・・・!
           「うんちっち」
【絵本 *2・3歳~】

ステファニー・ブレイク 作・絵 ふしみみさを
/ PHP研究所 (2004/12/23) 




こどもには、「うんち」とか「おしり」とかそういうコトバばかりいっては
げらげら笑っている時期があります、よね!
でも、このうさぎのこ‘シモン’はとても徹底していて、
おおかみに食べてもいいかい?と聞かれた時さえ、
「うん ちっち」と答えます。

対象年齢は(2・3歳~)
としましたが、このテイストは
(4・5歳~)(小学生・ヤングアダルトにも、ウケると思います。
長男てつたは「次の学校の読み聞かせの時間に読んで~」
と言っておりますが…さあどうしましょうかねぇ~

うんちっち (わたしのえほん) / ステファニー・ブレイク

68 ここがおすすめ!68

いさぎよく「うんちっち」と言い放つシモンに、
子どもはなんともいえない開放感を感じるようです。
そのコトバのところだけ、お子さんが読むのもおすすめ。
また、ことばのインパクトにまけないような、はっきりしたPOPな絵もいいです。
最後のオチも、効いています。


読んだ後は、しばらくこのコトバ、はやるかも知れません。
でも、子どもって「ダメです」と言われると、言ってみたくなったり
その時の大人の反応を楽しんでいるところがあったり、なので、
逆に大人が一緒に楽しんでしまっていると、それほど重症化しないと思いますよ~。

68 我が家では…68

この本には次男みつやの誕生日プレゼントを選んでいて遭遇(!)しました。
本屋で一度よんでみたところ、もう一回!と次男。
結局三回その場で読み、すっかり気にいってしまった次男は、
うんちっち~」と叫びながら、本を抱えて走ってレジへ。
さすがに、ちょっと恥ずかしかった、母、でした
レジのお姉さんにも笑われてしまいました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。応援、お願いします。→ → → 

関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/16-f1251ea3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。