「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふしぎなバイオリン 【本の紹介*91 】


クェンティン・ブレイクさんの初めての自作絵本。
「色をテーマにした」のだとか。
絵筆でこんなに楽しい音楽を「奏でる」なんて…
また魅了されてしまいました。
【絵本 *4・5歳~】
クェンティン・ブレイク 文・絵、谷川俊太郎 訳
岩波書店(1976・9)
 

うたがみえるきこえるよ
エリック・カール 作)もあわせて
ご紹介します。


パドリックがバイオリンをひきはじめると、
池の魚たちが、音楽に合わせてうたをうたい始め、
木の葉はいろんな色に変わり、おかしやアイスクリームなどおいしい物が実り、
はとには、新しいきれいなはねがはえはじめる。

読み終わった後は、とびきり楽しい音楽を聴いた後のような
気持ちになります。
これを読んでいると、私は、葉加瀬太郎さんの「Angel In The Sky」という曲が
ふと頭の中を流れてきたりします。
絵を見ながらパドリックの奏でる音楽って、どんな感じなんだろう、
と想像するのも楽しいですよ。

68 足を伸ばして…68

『ふしぎなバイオリン』が、陽気な旋律だとすると、
うたがみえるきこえるよ』 は正統派クラシック
(モーツァルトのバイオリンコンチェルトK63が元になっているのだとか。)
エリック・カール独特の技法で、音楽の世界を色鮮やかに表現しています。 
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 20:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

少し前に読みました。音色が絵本から聞こえてきそうな本だと思いました。
ちょうど、エリック・カールの「うたがみえるきこえるよ」を借りてきているので、早速読みたくなりました。
「雪の写真家ベントレー」もこの時期にぴったりの絵本ですね。
一つのことを誠実にやりぬく姿勢に共感しました。

| はなびや | 2008/02/07 18:28 | URL |

はなびやさんへ

「うたがみえるきこえるよ」の方は、独身の頃買った絵本です。
「自分ひとりで鑑賞」専門になるかと思いきや、
絵の美しさに惹かれた子どもも、時々開いて見ています。

| なずな | 2008/02/07 20:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/171-6d5944f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。