「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おへそがえる・ごん①②③【本の紹介*106 】

noimg-1_2.gif赤羽末吉さんによる、絵巻物風の愉快な物語。孫を喜ばせよう
と描いているかのような、くだけたようなところもあって、赤羽
さんの魅力を再発見♪ 次男が連日リクエストし大はまりなのに
この本、絶版、なんです。復刊してくださぁい!!
【児童書 *幼児~】

赤羽末吉 作/福音館書店(1986.10)



次男みつやがこの本をもとにしたごっこ遊びをしたとかで、知ったのが
始まりでした。でも最初は、「おへそ」と言えずに
おせそがえる・ごん!おせそがえる・ごん!」と大騒ぎしていたんです(笑)。

2週間ほど前図書館で借りたところ、毎日読んで~のリクエスト。
① ぽんこつやまのぽんたとこんたの巻
② おにのさんぞくやっつけろの巻
③ こしぬけとのさまの巻
図書館では【やさしい読み物】に分類されていて、1冊読むのに10分ほど。
普通でも1冊、時には3冊通して読め、と要求してきます。

正直に言うと、最初彼がこれほどハマるのが理解できませんでした。

だって、このおへそがえる・ごん、背丈は人間ほどもあって二足歩行、
おへそぼたんを押して ぱく ぱく くもを出すんです。
しかも、おへそにごみがつまるとくもがでなくなったり(笑)。
化け名人、ぽんこつやまのぽんたとこんたの化けるものも
「きゃ~ぁ、なんだこれ~!!!」 って感じなのです。

もしかしたら、私「国際アンデルセン賞受賞の赤羽末吉さん」というのが頭にあって
純粋に楽しんでいなかったかも。
次男の熱意に負けて読むうちに楽しくなってきて…。
赤羽さんもきっと楽しみながら筆を運んでいたんじゃないかな。
裏表紙におへそぼたんもあったり、遊びゴコロがなんともイイ。

でも、残念なことに絶版になっていて、ネットでは高価で売っているようです。
ちなみにもとの値段は1300円ほどです。
(試しにコチラでも。リンクが切れたら↓ごめんなさい/画像も見てみて!

おへそがえる・ごん①
おへそがえる・ごん②
これを手に入れるのは…はぁ…。お金出ません。出るのはため息ばかり。
これはもうマニアの「コレクション」ですよね。

さらに小学館から
おへそがえる・ごん―ぽんこつやまのぽんたとこんたの巻 ちひろ美術館コレクション絵本
というものが出ていたので、比べ読みしたのですが…
ほかのコレクション絵本と合わせるためでしょうか、
フォルムが変わってしまい(横長→正方形)
もとの絵本では6つ分の見開きを、1つの見開きに収めているところもあります。
小さくて絵が見にくいし、絵巻物風の流れが切り刻まれて…(涙)。
しかも①しか出ていなくて、尻切れトンボなのです。

元の「福音館書店」のカタチで、3冊とも復刊してほしいです。

「福音館書店」版がこれほど高価で入手しにくい状態だと、図書館もそのうち
開架せずに書庫にしまわれてしまうんじゃないか、と心配しています。
そうなるとこの楽しい本に子どもが出会うのは、ますます困難になりそう。

と、ぼやくだけでなく、私も微力ながら復刊要望の声をあげていきたい
と思います。それについては、またあした…。



この本の復刊リクエスト投票へGo!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 児童書/幼児~ | 21:06 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。この絵本が読みたくて、3つの図書館で検索してみましたが、小学館のものしか見つからず、一層読みたさが募りました。

| はなびや | 2008/03/18 06:04 | URL |

はなびやさんへ

「3つの図書館で検索」でも見つかりませんか…。
ウチの市では自分の市の図書館にない本は、図書館員の方に
問い合わせてもらって、他市や都立図書館から借用図書として
用意してもらえます。見つかるといいですね。

| なずな | 2008/03/18 07:16 | URL |

こんにちは!私も「おへそがえるごん」の記事を書いたので、復刊応援団のこちらにトラックバックさせてもらってよろしいでしょうか?一人でも多く復刊の声が上がればいいですね。

| るるる☆ | 2008/07/17 19:43 | URL |

るるる☆さんへ

トラックバックありがとうございました★

赤羽末吉さんの絵本の原画は、(赤羽さんのご遺志により)
全部ちひろ美術館で保管されているそうです。
なので、普通の復刊よりちょっとややこしいかも、ですね。
2010年が赤羽さんの生誕100年にあたるようなので、
それにあわせて元の版で出してくれないかな…と思っているのですが。

| なずな | 2008/07/18 07:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/188-d2c5dc79

TRACKBACK

「おへそがえるごん」が・・!!

私が入っている絵本サークルでは今赤羽末吉さんの作品の研究をしています。 昨日市の図書館祭りがあって、そこで自分たちの研究結果などま...

| るるる☆絵本カフェ | 2008/07/17 19:54 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。