「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くまとりすのおやつ 【本の紹介*105 】

くまとりすのおやつ (幼児絵本シリーズ)きいちご ぽちん ぽちん なってるか なってるよ
すっぱいか あまいだろ


岸田衿子さんによることばと、堀内さん親子による
ちぎり絵風の絵…まるできいちごのように、素朴で
かわいらしい絵本です!「おかわり」して読みたくなる
そんな絵本。
【絵本 *2・3歳~】

岸田衿子 文、堀内誠一・紅子 絵
/福音館書店 (2008/02)




小さいりすと大きいくまの対比がおもしろいです。
ライン

りすは ひとつだけ たべて
おなか いっぱい
ちいさいんですからね

くまは たくさん たべて
おなか いっぱい
おおきいんですからね

ライン2
このフレーズが気に入った長男、何かにつけ
「ちいさいんですからね」「おおきいんですからね」と言っていましたっけ。
自分の好都合になるようにことばを変えながら…(笑)。

この絵本、私は1989年の年少版「こどものとも」の時に購入しました。
1999年に特製版が出たそうですが、その後は入手困難になっていたようです。
この度また刊行されるようになって、ヨカッタ。
かわいくて、気持ちがほっこりするんですもの。

堀内紅子(ほりうちもみこ)さんは堀内誠一さんの娘さん、
児童文学の翻訳でお名前を拝見したことがあります。

この絵本が最初に出たのは、堀内誠一さんが亡くなられた後。
どんないきさつがあって、この絵本は作られたのでしょうね。
もしかしたら年少版の折込ふろくに書いていたのかもしれませんが、
手元には残っておらず…。
図書館では月刊絵本は折込ふろくつきで所蔵されているかも。
今度、調べてみようかな。

そんなこと考えながら読んでいたら、
くまがお父さんでりすが娘さんの比喩だったりして、
なんて思ってしまいました。
帰り道は、くまさんのかごにちょこんとのっているりすさん、かわいいです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 18:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なずなさんのお宅では、子どもたちと一緒に楽しまれた
絵本なのですね。

てつたくんのセリフ、かわいいな。
絵本の言葉が、生活の中でふっと出てくる瞬間、
にやっとしてしまうわたしです。

わたしははじめて知って、この作者の2人の名だけで
手にとったのですが、とてもかわいらしくて、
今月のおはなし会でも読んできました。
すっかり気に入りましたよ。

| 琴子 | 2008/03/10 23:36 | URL |

琴子さんへ

「絵本の言葉が、生活の中でふっと出てくる」我が家だけの秘密の合言葉
みたいなのが、たくさんあります。これ、他の人が聞いてもわからないだろうな
というやりとり、多数です。
それから我が家の子どもたち、2人とも食いしん坊なので、きいちごをつまんで
食べるまねんなんかもして、にぎやかに楽しんでいました(笑)。

| なずな | 2008/03/11 18:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/192-b0d99700

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。