「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石井桃子の仕事~母の友 '07 5月号より

hana.gif石井桃子さんが100歳を迎えられた'07年の春に組まれた
7ページの特集記事です。『くまのプーさん』
翻訳にまつわる
エピソードの他、石井桃子さんからのメッセージのページも。
石井さんの子どもの本に寄せる想いが伝わってきます。

追記↓では、昨日朝日新聞に掲載された中川李枝子さんの
記事にもふれます。



ライン

そういえば、戦時中に物語を書き、翻訳したのも、友人を喜ばせたいからだった。
たくさんんの優れた児童文学や絵本を紹介し続けたのも、
子どもを、いや、人間を喜ばせたかったからではないか。

ライン2

(上記は記事からの引用です。)

母の友のバックナンバーが図書館に所蔵してあったら、ご一読ください。

『くまのプーさん』は、以前長男と一緒に楽しみましたが、
翻訳にまつわるエピソードを読むうちまた読み返したくなりました。
平和に近づく手立て」「喜びのおすそわけ
石井さんの翻訳や作品から薫りたつような、すがすがしい空気は
そこからくるのかもしれませんね。


68 ちょっと寄り道68

MOE '07 4月号にも石井桃子さんの100歳をお祝いした
6ページの特集記事があります。

それから、昨日の('08.4.5)朝日新聞の朝刊には、「石井桃子さんを悼む」
というタイトルの中川李枝子さんの談話が掲載されていました。

ライン

石井さんと出会って50年、なにかにつけてご一緒しましたが、
私にとってはずっと変わらない人でした。96歳でミルンの自伝
を翻訳したというのもすばらしいですが、さらに『ノンちゃん雲に乗る』
の続きを書きたかったそうです。惜しまれます。

ライン2

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| よりみちカフェ | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/237-be5f9881

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。