「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なかがわちひろさんの講演会に行ってきました。

天使のかいかた (おはなしパレード)翻訳家であり、創作絵本・童話の作り手でもある、なかがわちひろ
さんの講演会に行ってきました。左の画像は
天使のかいかた
(なかがわちひろ 作)。作品が世に出るまでの様々なエピソードを
織り交ぜながら、たくさんの本を紹介して下さいました。講演会の
タイトルは“子どもの本のしあわせ”。テンポよい語り口にググッと
ひきつけられましたが、中でも印象的だったのが、
一冊で三度おいしい子どもの本」ということばでした。



一冊で三度おいしい」というのは
例えば、一度目は、その子どもの「適齢期」にその本に出会った人が、
二度目に思春期で、三度目は子育て期、で読み返す。
実際、知り合いのお子さんが思春期にむさぼるように絵本を読み、
また元気を取り戻したのだそうです。

らせん階段を登るように、またその「子どもの本」に出会う。
「子どもの本」が心に響いてくる時…それは、
自分のねっこをたどっている、そして再生をしているのかもしれない。

あるいは、二度目が子育て期で、三度目が孫育て期という読み方の人も。

「もっかい!(もう一回)」と 何度も何度も読み返される子どもの本。
「子どもの本は、その子にとって血肉化するのです。」

そんな風な読まれ方をするのは、「大人の本」にはなかなかないことなので、
それに耐えうるように、編集者と(声が枯れるほど)
読み合わせをして
手直しをして作っている、というエピソードも。

「子どもの本は、いくら時間をかけても、時間をかけすぎたということはない。」 

なかがわちひろさんの翻訳・創作作品を読み聞かせながらのエピソード紹介も
とってもおもしろくってお伝えしたいのですが、なかなかすぐにまとまりそうに
ないので、それについては、また次回に。

なお、講演会の後サイン会もありました。お一人お一人にていねいに
絵も添えながら…私は整理券番号33番だったのですが、順番がまわってきた
のは、1時間後でした!待っている間、すぐ近くの部屋にある原画を見たり、
たくさん集められているなかがわさんの本を読んだりして過ごしました。

サインの後で、息子達が『チム』シリーズが好きなことなどをお伝えして
質問もしてみました。新版の11冊のうち、1冊めだけ瀬田貞二さんの訳に
なっているのは、出版社はもちろん、なかがわさんも瀬田訳を残したい
という想いが、あったから…だそうです。
なかがわさん自身も瀬田訳の『チム』をお子さんと楽しんでいた、とか。

『チムとゆうかんなせんちょうさん』にもお立ち寄りください。

とにかく、楽しく充実した講演会とサイン会でした。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
この情報がお役に立ちましたら、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 原画展 ・講演会・メディア 情報 | 08:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

わぁ♪
早速のご報告、お疲れ様&ありがとうございますv-344

「一冊で三度おいしい」の言葉、
ホント、その通りだと思いました。
子供の頃 大好きだった絵本を
大人になり、母となり、子供達と一緒に読むようになったのを感じ、
何度もうなずきながら拝読させていただきましたv-398

原画、そしてサイン!!!
素晴らしい経験された なずなさん、
うらやましいです!!
なずなさんの絵本への想い入れ、愛情が
とても伝わってきましたv-344

| nadeshiko | 2008/04/21 22:00 | URL |

こんにちは~。
絵本に出合わないまま大人になってしまったので、3度目がいつになつのかわからない(笑)のですが・・・、
子供に何回も読まされているうちに、その絵本がわたしにとっても愛おしい存在になりました。
大人が目で1回本を読むのとは、読み方の質が違いますものね。

次回のご報告も楽しみにしています。

『チムとゆうかんな・・・』はうちの息子たちも大好きな絵本でした。

「ほんたび」も面白い企画ですね♪

| めーべる | 2008/04/22 15:38 | URL | ≫ EDIT

nadeshikoさんへ

ご自身の作品の読み聞かせもあり、内容たっぷり…の2時間でした。
会場にはなかがわさんの本が好き!という小学生ぐらいの子どもたちも。
絵本のおもしろさに素直に反応する姿がみられ、楽しい講演会でした。

nadeshikoさんは子供の頃に出会った絵本もあるんですね、
うらやましい!私は二十歳すぎてからが一回目でした。
二度目は今、三度目は孫、と(!)しっかり味わいたいと思います。

| なずな | 2008/04/22 19:38 | URL |

めーべるさんへ

『チムとゆうかんなせんちょうさん』、どちらかというと
男の子の方がビビッとくるのでしょうか?ウチの息子達、
読み終わった後何か遠くを見るような(笑)、何ともいえない表情をします。

サイン会ではお礼をいうので精一杯で次の人に…というものも多いですが、
なかがわさんは一人ひとりに丁寧に接して下さって、とても嬉しかったです。

| なずな | 2008/04/22 19:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/247-6e4369a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。