「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「しあわせのにおいがする本」

hana.gif前回に引き続き、なかがわちひろさんの講演会の話題を。
お話の中に、最近翻訳された新刊2冊の紹介もありました。
そのうちの一冊はまだ書店に並んでいない本。この講演会
の紹介に間に合わせる
ために、出版元が倉庫から直送して
きたものだそう。 (BL出版さん、Good job! )まだ新刊本
のにおいがぷんぷんする「産地直送絵本」!さて、記事の
タイトル「しあわせのにおいがする本」のことですが…。



なかがわちひろさん曰く、「かわいがられて、かわいがられて作られた本は
しあわせのにおいがする」そうです。

ワタクシ、なずなもその「におい」らしきものを感じることがよくあります。
手に取り読んだ時、その本の背景や思いを感じて、惹かれるのです。

本は、文を書く人、絵で語る人、(外国の作品の場合)それを翻訳する人、
編集する人…いろんな人の思いをのせる形で出版されるのですよね。
それは、当たり前のようでいて、しかしながらいろいろな積み重ねがあり、
時には葛藤を乗り越えてつくられている。
…1冊の本ができあがるまでにはいろんなドラマがある…
それが、しあわせのにおいになるのかも。そんなことを思いました。

例えば、おたすけこびとなかがわちひろ 文、コヨセ・ジュンジ 絵)。

「男の子も、女の子も、読み手のお母さんにも好きになってもらえる」
そんな
乗り物絵本を作ろう、というコンセプトが なかがわさんの中にはあったとか。
でも自分は乗り物にとことん愛情をこめて描けない!…ということから
「乗り物にとことん」のコヨセ・ジュンジさんとの出会いがあったとのこと。
でも、そこから絵本が完成するまでにはひとヤマもふたヤマもあり…。

そこのあたりのはなしは、同じくこの講演会に参加された
ははさんが記事にされています!>親子絵本のカード

作家、画家、翻訳者、編集者さんが出会い、大切に慈しみ育てた本。
そして、その本と私たち読者が出会うのも、一期一会、ですよね…。

講演会の内容紹介というよりも、個人的な感想になってしまいました…。

配布された資料によると、訳書が90冊、創作ものが13冊。
なかがわちひろさんに育まれた「しあわせのにおいがする本」のことは、
これからもたびたびこのブログで登場することになりそうです!

さて、記事の冒頭でお話した出版元が倉庫から直送してきた「産地直送絵本」は、
しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです』という絵本です。
作者は『くまのコールテンくん』(過去記事)で有名なドン・フリーマン
この絵本は長らく日本語に翻訳されていなかったそうで、日本では初出版。
書店にはまだ配本されていないそうですが、私も一足お先に拝見しました。
新刊のインクのにおいと、しあわせのにおいがしましたよ。

「まだ新刊本のにおいがぷんぷんするのよ~。」と言いながら愛おしそうに
においをかいでおられたなかがわちひろさん、とてもチャーミングな方でした!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
この情報がお役に立ちましたら、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 原画展 ・講演会・メディア 情報 | 18:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なかがわちひろさんの講演会のお話、
とても興味深く読みました。
なるほど~と思うこともたくさんですね。
しあわせのにおいがする本、わかる気がします!
わたしもそういう本に出会うと、思わずスリスリしてしまいますモン。

「おたすけこびと」は、とても楽しくて気に入っている一冊。
そのおはなしの秘話も聞けたなんて、大収穫の講演会だったんですね。
記事をへぇ、ほぉと頷きながら読みました!

| 琴子 | 2008/04/23 16:45 | URL |

琴子さんへ

なかがわちひろさん、絵を描かれる方なのに、「おたすけこびと」では文だけ。
どうしてか知りたかったのですが、お話を聞いて疑問が晴れました。
以前ショベルカーが出てくる絵本をお描きになった時に、
乗り物好きの息子さんからダメ出し!があったとか。裏話、おもしろかったです。

| なずな | 2008/04/24 07:00 | URL |

なずなさん、こんにちは。
私も「産地直送絵本」を手にしましたよ。新鮮な香りでしたわ(笑)!
なかがわさんのお話を伺ってからは、どの作品を読んでも、あのチャーミングな笑顔が思い浮かびます。そして、作品がぐっと近く感じられますね。
これもホント、なずなさんに教えていただいたおかげです。ありがとうございました。

| はは | 2008/04/24 13:40 | URL |

ははさんへ

なかがわさんとコヨセ・ジュンジさんのやりとり、絵本を読み返す度に
思い出してクククと笑ってしまいます。ははさんがズバリ様子を伝えて
おられたので、リンクさせていただきました。
途中から参加ということで、デヴィッド・ルーカスさんの絵本のあたりは
お聞きになれませんでしたか?
今日記事にしてみましたので、よかったら読んでくださいね。

| なずな | 2008/04/24 20:05 | URL |

【おたすけこびと】の絵本なんですが、絵本ナビのサイン本を購入して今待っている状態なんです☆
素敵なお話が聞けました(^▽^)
私も機会があったら、なかがわさんのお話を聞いてみたくなりました♪

| ☆だ~な | 2008/04/26 00:16 | URL |

☆だ~なさんへ

絵本ナビの【おたすけこびと】サイン本、大人気のようですね。
「こびとさんの帽子の色によって役割が違う(見習いこびとさんもいる)」など
、コヨセさんがどんどんこびとさんの世界をつくりこんでいったとのこと。
…そんなことも講演会では聞かれました。

| なずな | 2008/04/27 11:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/248-f87b1d43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。