「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なつのいちにち【本の紹介*150】

なつのいちにち入道雲そびえる空のもと、少年はクワガタをつかまえるために
駆けていく…。クマゼミの鳴き声が本当に聞こえてくるような絵本
です。時間を忘れて夢中になって外で遊ぶのは子供時代の
特権
のはずでしたが、イマドキはなかなかこれが難しくて。
でも、この絵本の世界、「郷愁」にしてはいけない、と思います。
【絵本 *4・5歳~】

はたこうしろう 作 / 偕成社 (2004/07)



先日同じマンションに住む息子と同学年の子が、進学塾のリュックをしょって
駅に急いで向かっている姿を見かけました。
そうかあ、世間では小学四年生といえば、中学受験目指して
進学塾に行くようになるんだぁ…と、複雑な気持ちになった私です。
かたや息子は、といえば、公園でサッカーしたり、児童館で卓球したりに夢中。
「友達と遊ぶ」第一主義を通しています!

さて、この絵本の主人公、我が夫をモデルにしたのではないか、と思うほど
夫は子どもの頃、この通りのなつのいちにちを過ごしていたようです。
虫にはまったのが、今の長男と同じ小学四年生の頃でして。
その頃自分で作った標本箱、今もいくつもとってあります。
そうだ、あれ、息子達にまた見せてやろう…。

そして、かけがえのない夏の日々を過ごしていたことを
息子達におおいに語ってもらおう!

この えほんの なかに  あなたの  なつの おとは  きこえますか。
 
この絵本のカバーにこんな風に書かれていたので、
絵本を読む前に息子たちに聞いてみました。
「セミの鳴き声」「かみなりのおと」。   うん、なるほど。
「おかあさんは、かきごおり作る時のゴリゴリって音!」というと
「風鈴の音も、夏の音だよ」と長男。

暑い日が続きますが、みなさんも夏をエンジョイして下さいね。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 05:34 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

これぞ夏の本!という絵本ですよね。
少年と夏、とても似合う気がします。

この絵本の中の、黒い影の部分が、とーっても好きで、
夏ってこの明暗がはっきりしているところが、
好きなんだと、実感するんです。
ちょっとした くらくら感(笑)

なずなさんちの少年たちも、夏、満喫しているんですね♪
まだまだ長ーい 夏ですね。

| 琴子 | 2008/08/01 16:55 | URL |

琴子さんへ

夏の明暗、くらくら感…なるほど。琴子さんに言われて納得しました。
はたこうしろうさんって、やわらかいタッチの絵も
描かれるじゃないですか。一方この絵本はキリリとしていて、
それが、「クワガタに一直線」の少年にぴったりだなとは
思っていたのですが…。

明日は「はじめましての絵本たち」の会ですよね。楽しんできて下さい♪
そして…様子をまた教えて下さいね。

| なずな | 2008/08/03 06:21 | URL |

こんばんは(^▽^*)
私もじつは…こんな子だったんです(/ω\)
女の子の遊びなんて…記憶にないなぁ~v-395
だから この絵本、ホントどきどきしながら読み進めましたよぉ。
なずなさんは、どんな幼少時代を送りましたか?
私は、基地を作ったり…ズボンをよくやぶったり、どろんこになったり…いやぁ~母は大変だったでしょうに(^エ^;)と思うような元気な子でしたねぇ~v-393
虫も魚ももちろんつかまえましたよぉ。観察するのがスキでした。
でも、イマドキの子どもは外で元気よく遊ぶ!!なんて姿を見なくなりました。
外でもゲームかよぉ~v-404とちょっと悲しくなってしまいますね。
その点、てつたくんはステキです。
いっぱい遊べば、勉強だって頑張れるんです!! 今は遊ぶのが一番だとミヅポンは思いますよ(^^)
まぁ~人生一度しかないので、勉強するにも遊ぶにも
悔いの残らないように頑張るのが一番ですねっ♪
そうだ!! TB送らせてもらいました。宜しくおねがいしまぁ~す

| ミヅポン | 2008/08/03 22:12 | URL | ≫ EDIT

ミヅポンさんへ

基地に虫捕り、魚捕り…おお、健全な子ども時代だったのですね!
私は女の子系の遊びが多かったかな~。でも、基地づくりもしたし、
めだか捕ったり、それから家の塀の上に登ってそこから飛び降りたりして(笑)
よく遊んでいました。つまり、私も健全な「おてんばさん」だったわけで。

この絵本読んで、にわかに「今一番楽しいと思うことをたっぷりやれ!」
なんててつたに話したら、ポカンとしていました。
(普段そんなに勉強勉強…って言っているつもりじゃないんだけど、でも言ってるカナ)
夢中になって遊びこむことができれば、将来ここ一番という時に
頑張ることができる、私もそう思うんです。

| なずな | 2008/08/03 23:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/316-3235da31

TRACKBACK

なつのいちにち

なつのいちにちはた こうしろう (2004/07)偕成社 この商品の詳細を見る ブラティスラヴァ世界絵本原画展に出展 画材:紙・水彩・ガッシュ ...

| ジアスのリトルアイランド | 2008/08/03 22:05 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。