「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

161* まいごのどんぐり

まいごのどんぐり (絵本・こどものひろば)“ケーキ”という名前のどんぐりが語る形でおはなしは展開
していきます・・・・・。“ケーキ”はどんぐり好きのコウくんと
楽しい日々を過ごしていましたが、ある日かばんから落ちて
「まいご」になってしまいます。
コウくん、ぼくは ここです。ここに います。
どんぐりの声と想いは、コウくんに届くのでしょうか…。
【絵本 *小学生~】

松成真理子 作/童心社 (2002/09)

追記には「“なずな”家のどんぐり物語」も。読んでください!



まだこの絵本をお読みでない場合も考えて、内容について詳しく触れることはしない
つもりですが、とってもいい絵本です、私、大好きです。
ウチの長男(小4)は、というと…読後ぽつりと、
「“ケーキ”は、コウくんの相棒だったんだね…。」
(注:今卓球に夢中の長男は、卓球ラケットに
“相棒”と書きいれ、大事にしています。)

彼には、大事なものを失くしてしまったコウくんに感情移入しながら
この絵本を読んだようです。
平易な文章なので、未就学児にも読めるとは思いますが、
どんぐりの心情が心に響いてくるのは、もう少し大きい人、かな。
ヤングアダルトにもいいかも…。

この絵本を読みながら、私はバージニア・リー・バートン
ちいさいおうち(過去記事)のことを、思い出しました。
どちらも、“主(あるじ)”との楽しい日々を過ごしていたものが、
存在を忘れられてしまいます。
物言わぬ「木」や「家」の気持ちと、そしてその後…のことが描かれています。

さて…「どんぐりの里親」ってご存知でしょうか?
ポット鉢にどんぐりを植えて育てて、1年後に森に植えるのです。
里山や雑木林の保全のため、各地でおこなわれています。

7年前の初冬、地元の公園(都立桜ヶ丘公園)に遊びに行った時に
ちょうどその催し物を していて、我が家もコナラのどんぐりを2鉢、
育てることにしました。
水をやりながら待つこと約4か月。春…芽を出した時は、本当に嬉しかった♪
大事に育てながら夏、秋、と季節を過ごし、森に還す日がきたのですが、
手元でもっと育ててみたくなった私は、
ひと鉢を公園に植樹し、もう一鉢を家に残しました。

残ったひと鉢のどんぐりは、我が家のマンションのベランダで、
ぐんぐん大きくなっていきました。
芽吹き~新緑の頃は、毎日ドキドキするほど素敵♪
5年目には高さが1mを超すほどに。
我が家を訪れた友人は「ドングリから育てているんだよ!!」と教えると
びっくりしたり、素敵ね~☆と言ってくれたり。

ところが・・・去年の春、
コナラは芽を出しませんでした。
水やりが良くなかったのか、虫にやられたのか…つらかったです。

実は、この絵本『まいごのどんぐり』を読んで、急に
森に還したもう一鉢のコナラのことが気になって・・・・・
植樹した公園に昨日行ってみました。

すると…、植えた時に高さ25センチだったそれは、
2メートルほどの若木に成長していました。
さすがにまだどんぐりを実らせる大きさにはなっていませんでしたが、
会いにきてくれたんだね!」と言ってくれたような
そんな気がしました。
ベランダで育てていた鉢は、もしかしたら、
もう鉢の中では限界だったのかもしれないな、とその時思い至りました。

この絵本の“ケーキ”という名のどんぐりも、まいごになって森に還ったからこそ
こんなに美しい物語になったのだと思いました。

自分自身の「どんぐりの里親」体験のこともあり、
よけいにこの絵本の持つ温かさが心に伝わりました。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 18:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この本も初めてしりました。
さすがなずなさん、たくさんの絵本をご存じで・・・しかもどれも子供たちに読んであげたいものばかり~♪読み聞かせって、子供たち大好きですよね。。。寝る前にいつもせがまれます。。。応援ぽちっと♪

| まつんこ | 2008/10/14 22:06 | URL | ≫ EDIT

まつんこさんへ

いつもコメントと応援、ありがとうございます★
我が家の長男は小4ですが、(弟に付き合う形で)
今も絵本読んで、と持ってきます。
時々長男が次男に読み聞かせてくれることも。
でも、そのうち私の読み聞かせから卒業していくことと思います…。
それまでの、この楽しい時間をどこかに留めておきたくて、
このブログをはじめた私です。

| なずな | 2008/10/15 18:52 | URL |

どんぐりが芽吹いて、森にかえせるくらいに成長させたとは、とても素敵な体験をお持ちなんですね。
やってみたくなりましたが・・我が家のどんぐり、すべて茹でてしまった~。
どこかから拾ってこようかしら。でも、成長させるなんて至難の業だと思いますしね。まるで子供の成長のように、なずなさんにとって、どんぐりも眩しく映っていることでしょうね。

| まつりか | 2009/12/10 00:16 | URL |

まつりかさんへ

これまでいくつも植物を育てていますが、
どんぐりの芽ぶき…嬉しさはひとしお、
それだけに枯らしたショックも大きかったです。

植樹した公園に、近々どんぐりのその後を見に行こうと思っています!

| なずな | 2009/12/11 10:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/369-5e5907db

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。