「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【edu ブログで子育てエピソード】ひとりで読むきっかけになった本

ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」 小学4年生の長男には小さい頃から毎晩のように
読み聞かせを続けてきましたが、自分で本を読むのが大好きか?というと、実は
ニルスのふしぎな旅 上そうではありませんでした。いつになったら自分で本を読むように
なるのだろう…、いつもそんなことを思っていたのですが、最近成長
のきざしが…。
そのきっかけになったのが『ニルスのふしぎな旅』 です。
学校の図書室で見つけて読み始めたところ、どんどん先を読みたく
なってしまって、休み時間を使いながら4日で読み上げた…そんな
ことを話してくれたのです。 



体を使ってめいいっぱい遊んで、親よりも友達との約束が優先の長男。
9~10歳の今頃ではある意味健全な姿、だと思います。
でも、親というものは欲張りなもので、それならそうで、ひとりで本を読むという
次の「課題をこなす」ことを期待してしまう…。

前までは、一緒に図書館に行こう、と誘ったら喜んできたのに
最近はあまり乗り気でなかったのも気になっていました。
学校の休み時間というと、サッカーや鬼ごっこをしているという話ばかりだし…。

そんな長男でしたので、休み時間に読書していたというのは、かなり意外でした!
しかも、『ニルスのふしぎな旅』 といえば、長編だし…。
これは、(ウチの息子にしては)一大ニュースです(笑)。
よっぽどひきこまれたのでしょうね。

夢中になって読んだ、というのが「冒険もの」、というのも
なんだか納得してしまいました。
親の庇護の元から少しずつ離れていく象徴のようにも思えて。

ちょうど同じ時期、家では毎晩長くつ下のピッピ ニュー・エディション
私が読み聞かせしていました。
これも、ぐいぐいひきこまれていて、私が風邪で声が出ない日には
ぼくが代わりに読むから…という熱の入れよう。
(この本のことは、くわしくは、後日記事にしますね)
 
『ニルス…』にしても『長くつ下のピッピ』にしても、ちょうどそれを
精神的に欲している時に、その本と出会えたのだと思いました。

これからも、そんなしあわせな「本との出会い」がありますように。

もうすでに長男には、本のひとりたびをする力がちゃんと備わっている…
そんなことを発見できて、うれしかったです。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 20:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

しあわせな「本との出会い」ありますね。年齢と本がしっかり重なる時期。

ピッピとの出会いもそうでした。「だれも知らない小さな国」との出会いもそうだったなと自分で思います。

子ども時代にそういう本と出会えるかで、その後が変わってくるそんな本が確かにあります。

| はなびや | 2008/11/09 07:43 | URL |

はなびやさんへ

はなびやさんは、子どもの頃「ピッピ」や「だれも知らない小さな国」と
出会っていたのですね。私は大人になってからの出会い(学生の時)
でした。その時は、今一つ物語に入り込めなくて。
でも、今回は、「リアルタイム」の長男のおかげで、楽しく読めました!

| なずな | 2008/11/09 16:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/390-fc09f9ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。