「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「泣きそうになる」絵本

特急キト号「この絵本を読むと、いつも泣きそうになる」…そんな
本はありますか?

ウチの長男は特急キト号がそれ。この絵本を読んで
以来、ずっと彼の中で「好きな絵本第一位」をキープ
しています。名作だと思うのですが、あまり知られて
いなくて残念!特急キト号(紹介記事) 読んでね。
次男と私、それぞれの「泣きそうになる」絵本は…



次男が小さい時読むと必ず泣いていたのは、
どんどこももんちゃん(紹介記事)と、ちいさなねこ(紹介記事)
どちらもお母さんの元に戻って一件落着なのですが、
小さいほど「お母さん」の存在は大きいのでしょう、
本当にドキドキして、物語の中に入り込んでいたようです。
今読むとだいぶん反応が違うでしょうね(笑…成長がうれしいような悲しいような)。

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう) ちいさなねこ (こどものとも傑作集 (33))

そういえば、長男の「泣きそうになる」本にも共通点がありました。
それは、「まだ片言しかしゃべれないような小さい子との出会いと別れ。」
先ほどあげた
特急キト号(紹介記事)の「ペドロ」しかり、
じっぽーまいごのかっぱはくいしんぼう(紹介記事)の「じっぽ」しかり、なのです。
(↑これは、絵本ではなく、童話です)

じっぽ―まいごのかっぱはくいしんぼう (あかね創作読物シリーズ)

さて、わたしの「泣きそうになる」絵本は、最近紹介した絵本でいうと、
まいごのどんぐり(紹介記事)です。

まだ紹介していませんが、みどりの船 (あかねせかいの本)にも弱いです。
実は、この夏紹介記事を書き始めたのですが、なぜこんなにも
心をとらえられてしまうのか、自分でもよくわからなくて。

読んでやりながら泣いてしまって、先が読めなくなった本も。
これも、まだ紹介していませんが、
おじいちゃんの口笛
見かねた長男が続きを読んでくれました。

まいごのどんぐり (絵本・こどものひろば) みどりの船 (あかねせかいの本) おじいちゃんの口笛 

もしよかったら、あなたの「泣きそうになる」絵本や童話、
コメントやトラックバックで教えて下さいね♪

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| よりみちカフェ | 07:25 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私は、火垂の墓です

私は、火垂の墓です。タイトル見ただけでダメです...。

別件でここに書き込むのは変ですができれば教えていただきたい事があります。

子供の幼稚園の進級の際に担任の先生へ贈り物をする予定があるのですが、幼稚園教諭経験のあるなずなさんは、何が嬉しかったですか?また、どんな物をもらえたらありがたいですか?良かったら教えてください。

| あかなめ | 2008/12/11 16:46 | URL | ≫ EDIT

泣いたこと・・・・我が子は不思議そうにはしていますが、泣いたことがないです。。。読み方が悪いのかな~。もっと気持ちを込めて読まなきゃいけないかしら・・・
ちなみに、可哀そうなシーンは、なんで~?と質問攻めにされます。。。。
ポチっと応援です♪

| まつんこ | 2008/12/11 20:51 | URL | ≫ EDIT

あかなめさんへ

火垂の墓、ちゃんと読んだことなくてあらすじだけですが、
ズーンと重い物がありますよね。

担任の先生へ贈り物…勤務先は揃いの服装ではなかったので、
トレーナーをもらったことがありました。淡いピンク色で一瞬照れて
しまったのですが、「一緒に探しにいったら、この子が、せんせいに
にあうとおもう!というもので」と手渡され、うれしかったです。
マグカップをいただいたことも。ほっと一息、の時に使わせていただきました。
あとは、写真つきのメッセージカードもうれしかったです。
幼稚園の頃のことって、こどもって大きくなると忘れられてしまうんですよね…
(幼稚園の先生の宿命、でしょうか)。
なので、時々読み返して元気もらっていました。
こんな感じで、参考になったかしら。

| なずな | 2008/12/12 07:31 | URL |

泣ける絵本

こんにちは♪
「みどりの船」と「おじいちゃんの口笛」はどちらも読んだ事がないので、是非、読んでみたいです。
私の泣いた絵本は、結構あります。根が涙もろいのですね!
一例をあげると『おおきな木』『とっときのとっかえっこ』『空とぶらいおん』『ちょっとだけ』は、ブログで紹介した本です。
それ以外では『いいこってどんなこ』『ごろはちだいみょうじん』『こぶたのぶうぶはこぶたのぶうぶ』『こいぬのうんち』等が涙の量が多かったベスト10?に入る絵本になりますかねぇ。

| ナン | 2008/12/12 12:45 | URL |

まつんこ さんへ

読み方は自然体でいいのでは、って思います。
あっさり言っててもじーんとくることもあるし、
感情がこもってしまうならそれはそれで。
要は大事な人(おかあさんなど)の肉声で、
そのおはなしと出会えることじゃないかな♪

| なずな | 2008/12/12 17:10 | URL |

ナン さんへ

ナンさんも涙もろいのですね。わたしも、です。
この記事では挙げませんでしたが、「ラチとらいおん」の
手紙のシーンでも泣きそうになります。
ナンさんの「涙の量が多かったベスト10」絵本チェックしたいと
思います。ブログの方にものちほど伺いますね~♪

| なずな | 2008/12/12 17:13 | URL |

キト号

この絵本、大好きです~。
ペドロはかわいいし、車掌さんは素敵だし。
そして、最後の車掌さんが小さく消えていくところに、ほろりときてしまいます。

泣きそうになる絵本、この頃結構多くて、
店頭で気軽に立ち読みできないです。

| 三蔵 | 2008/12/12 22:39 | URL |

ありがとうございます

なずなさん

大変参考になりました。
幼稚園の他のクラス委員さんとも相談して決めます。

ありがとうございました。

| あかなめ | 2008/12/13 05:21 | URL | ≫ EDIT

三蔵さんへ

わかって下さる方がいてうれしい~。
ウチではあの有名なマドレーヌも、
「とっきゅうキトごうをかいたひとがかいた、マドレーヌ」
として息子たちに認知されているほど、なのです。
あのラストシーンは、何度読んでもせまるものがあります。

| なずな | 2008/12/13 07:26 | URL |

あかなめさんへ

コメント書いた後も、こんな感じで参考になるのだろうか、
と不安だったのですが(汗)。
クラス委員してるんですか?ごくろうさまです♪

| なずな | 2008/12/13 07:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/462-24789390

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。