「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長新太さん語録・その2

読み語り絵本100 (別冊太陽―日本のこころ)先日コチラの記事で、長新太さん語録を紹介したばかりです
が、その後もなんだか長新太さんのことばに目がいき、
またまた紹介することにしました。今回は、
読み語り絵本100 (別冊太陽―日本のこころ) からの抜粋
です。

絵本についてのみならず、長新太さんの子ども観や生き方
が表れていると思います。



「子どもの感覚を残した大人」

僕がね、アーチストとして、いちばん影響を受けるのは、
小学校三年生ぐらいの絵なんです。

でも、不思議なもので、小学校の高学年になると、
彼らの絵がとたんにつまらなくなってしまうの。
常識的で、写実的な絵になっちゃう。これは、絵に限ったことではないけれど、
僕の持論に子どもの時の感覚を、上手に残して大きくなった人が
“上等な大人”だと言うのがあるんですよ。そうなれるよう、子どもの目線を
忘れないでいたい、と常に考えているんだけど……。

「『ゴムあたまポンたろう』的思想」

みんながやっていれば間違いない。逆にその時流に抵抗して、
何かやろうとすると、めんどくさいことになってしまう。

上手にやるには、ちょっとずるいけど、みんなと流れているふりをしながら、
自分の確固たるものを小脇にかかえて、一緒に走るっていうのが
いちばんいいと思うんです。何ごとにもかたくなになり過ぎないこと。

柔軟に、弾力性を持ってあたるのが大切です。

それは、子どもとの関係にも言えることで、強制はしない。
でも、さりげなく自分の好きな本を夜読んであげる。
逆に子どもが好きな絵本は拒絶するのではなく、受け入れて読んであげる。
自分がわからなくても、そういう世界もあるのかって、
理解を示す姿勢が大事だと思うんですよ。

僕の絵本に『ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)』というのが
あるんですね。これは僕の哲学というか、生き方が反映されている
ところがかなりある。

とのことだったので、さっそくゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば)
読んでみましたが…う~ん理解するには、もう少し修行を積まなければ(汗)。

でも、長新太さんの絵本を味わうことは、「こども」を理解する上での
大きな助けとなるような気がしている私です。

ゴムあたまポンたろう (絵本・こどものひろば) にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 07:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

心に染み入りますねぇ~長新太さんのお言葉。
「上等な大人」いいな!
「自分の確固たるものを小脇に抱えて一緒に走る」これもわかる!

長新太絵本を味わうことは、子どもにかえってくことなんですね。
難しく感じるのは、いかに私達が「子ども」の頃の感覚を忘れてしまったかってことですよね。

| るるる☆ | 2008/12/18 08:36 | URL |

へえ。なんだか今の私の頭の中も少し柔軟になった気分です。。。この気持ちをもったまま子供に接していくことって大事なことのような気がします。
かたくなになってしまうと、ウマくいかなくなることが多いですものね。。とっても勉強になりました♪ポチっと応援です。

| まつんこ | 2008/12/18 20:59 | URL | ≫ EDIT

るるる☆さんへ

長新太さんの絵本が子どもに人気があるのには、
しっかりとした信条があるからだということ…
あたためてそう思いました。
子どもと関わる仕事をしていることもあり、「子ども」の感覚を
大切にしていきたいと思っています。

| なずな | 2008/12/19 07:13 | URL |

まつんこ さんへ

長新太さんにはこんな逸話も。道に寝っ転がっているので
どうしたのかと思ったら、下から葉っぱを見たらどんな風に
見えるのかと思って…ですって。
子ども以上に子どもですよね~♪

| なずな | 2008/12/19 07:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/467-6f73d2b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。