「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ことばであらわせなくても…

がたん ごとん がたん ごとん (福音館 あかちゃんの絵本)今日は、ことばではあらわせなくても、絵本を
しっかり味わってますよ~!というおはなし。

先日5歳の次男が「おもいぞ、おもいぞのえほん、
だして」と言ってきました。何の絵本かわからず
詳しく聞くと、「りんごとかがのせて、ってやってきて、
おもいぞって…でも、いいよ~っていうやつ。」
思い当たったのが、コレ↓。
がたん ごとん がたん ごとん



我が家には思い出の本棚(過去記事)というスペースがあります。
読まなくなったけど手放せない本をそこに収めています。

次男がその思い出の本棚から出して、と言ったのは、思ったとおり
がたん ごとん がたん ごとん という絵本でした。
これは、1歳の時に、とにかく大好きだった絵本です。
この絵本は、ブックスタートでも渡される絵本ですのでご存知かもしれません。

ライン
がたん ごとん がたん ごとん 

のせてくださーい

ライン2
このことばがくりかえし出てきます。
汽車にのせてほしいと手をあげるものは、赤ちゃんが好きなものばかり。
絵もシンプルで愛らしい絵本です。


画像↑クリックで絵本ナビのレビューページへ

でも、文章中のどこにも「おもいぞ、おもいぞ」ということばも
「いいよ~」ということばも出てきません。
そこで、次男に聞いてみたところ、ほら、ここ、と、あるページを指さしました。
それは、ねことねずみが「のせてくださーい」というページ。
たしかに、汽車の表情がやや険しくなってる…。
「おもいぞ、おもいぞ」と言っているようにも見えます。
言われるまで気づきませんでした。

当時はもちろん絵本の感想を聞ける年頃ではありませんでした。
「…っかい」(もう一回よんで)と言えるか言えないかという頃です。
でも、絵から汽車の気持ち(?!)を想像しながら絵本を見ていたようです。
ことばであらわせなくても、…なんだかうれしくなりました。

話はかわりますが、絵本を「嫌い」にする方法…それは
読んだ後、根掘り葉掘り内容について質問すること、無理やり感想を言わせること。
絵本を「アタマのいい子に育てるためのテキスト」にすることです。
これは、絵本を「嫌い」にするのに、とても効果的です!!

そうは言っても、私も感想を聞きたいなと思うことがあります。
(学校などでの読み聞かせのときなど、楽しんでくれたかな?と気になったりします。)
そんな時はこの絵本でのエピソードを思い出そうと思います。
読み終わった時「ふう~っ」とつくため息、その本を大事そうに抱える姿…
ことばにはならなくても、それだけで十分なのだと…。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。

関連記事

| こどもの本のくにの歩き方 | 06:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいお話ですねぇ~

子どもの感性と大人の感性って当り前ですが違うんですよねぇ~。
文字の書かれてないページをじっといつまでも見ていたり、ずっと後になって、思いがけない事を言い出したり、言葉を聞きながら絵を読んでいたのだなぁ~と、思わされた事が確かにありましたね。
言葉で言い表せる感想は語彙の少ない子どもの発想力を狭めてしまうと私も思います。
感想を聞かなくても、自然に出てくる言葉は心からの感想だと思うのでそれは大切にしたいと思いますが!

| ナン | 2008/12/19 21:37 | URL |

ナンさんへ

ナンさんのような絵本のことをとてもよくわかっていらっしゃる方には
言わずもがな、でしたよね。
でも、乳幼児を持つお母さんの中には、(何メソッドなのか?)
絵本で何かを教えようとしたり、感想を逐一聞いたりするむきがあり
違うんじゃないかな~、と思わず記事にしてしまいました。
「感想を聞かなくても、自然に出てくる言葉」がもれた時は、
わたしも嬉しくなります!こんなこと言ってました、ってつい記事に
しちゃいます(笑)。

| なずな | 2008/12/20 11:08 | URL |

こういう記事、大好きです(^^)v

再度のコメントで失礼します。
私はそんなに絵本の事を分かってないですよぉ~(^_^;) なずなさんも言ってらしたと思いますが、私も幼い頃に親に絵本の読み聞かせをしてもらった記憶がほとんどなくて、大人になってから、絵本の魅力に目覚めたのです!
だから、子どもの感覚が分からないから子どもがページをめくりたがるタイミングや目の輝きや思わず出る言葉にはなるべく注意を向けるようにしていました。
絵本について書いてある本も読みましたけど、子どもに教えられた面が多かったなと思います。
だから、こんな記事を読むと私も嬉しくなるんです(^^)v

前回の私のコメント、途中で切れてしまっていたみたいです!
家の子も何年か後に読み返した絵本をここに文字があったとか、モノクロの絵本に色が付いていたと言う事がありました。

| ナン | 2008/12/21 10:39 | URL |

ナンさんへ

ホント、絵本のことは子どもに教えられる面が多いですね。
作家さんの幅も広がりましたし、なにより「絵をよむ」楽しさを
教えてくれたのは息子たちです。
「ここに文字があったとか、モノクロの絵本に色が付いていた」
なんてことばが聞けた時には、読み手冥利につきますね♪

| なずな | 2008/12/21 19:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/472-c41335d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。