「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

175* 天使のかいかた

天使のかいかた (おはなしパレード)野原で天使を拾い、飼うことにしたさち。でも、天使
ごはんって、なんだろう?天使のかいかたって…?
翻訳家であり、絵本・童話の作家でもある、なかがわちひろ
さんの作品です。絵の中に縦書きの文字がレイアウトされて
います。文章量も少ないので、絵本から読み物に移行する
時期の子どもや、ちょっと自分で読むのは苦手、という子に
もいいと思います。【児童書 *小学校低学年~】

なかがわちひろ 作 / 理論社



この本によると、天使は、「おはなし」がごはんで、
こんぺいとうのような星型のウンチをするそうです(笑)。

そして、ごはんにしている「おはなし」ですが、何でもいいわけではなくて
本の中のはなしや、誰か他の人のはなし、ではなく、
さち自身のことばで、さちの気持ちが動いたことについてのおはなしが
好きなこともわかったのでした。

またまた我が家を例になりますが、「心が動いたおはなしが好き」なのは、
天使に限ったことじゃないですよね。
ウチでは寝る前によく読み聞かせをしていますが、たまに
「**くんが小さいときね、こんなことがあっておもしろかったよ~」というはなし
をすると、次の日も、「アノはなし、して…」とリクエストされます。

家での日常会話が単語や連絡伝達になると、ヤバイとよく言われますが、
それは、もしかすると、私たちひとりひとり心の中にいる「天使」が
喜んでいないからかもしれないです!
「気持ちのこもったことば」という「食べ物」も必要なのかも。

今日の最後に…以前書いた記事ですが、なかがわちひろさんの講演会の記事
もあわせて読んで下さると、ウレシイです♪

なかがわちひろさんの講演会に行ってきました。

「しあわせのにおいがする本」

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 児童書/小学校低学年 ~ | 15:45 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「気持ちのこもったことば」という「食べ物」。いい言葉ですね♪
心の何よりの栄養ですよね。
是非、読んでみようと思います。

| ナン | 2009/01/08 21:52 | URL |

ナンさんへ

この本、ピンクだし、天使の絵もかわいらしいし、10歳の長男には
ちょっとどうかな~とも思ったのですが、結構喜んで聞いていました。
彼は、なかがわちひろさんの絵本『たこのななちゃん』が大好きです。

| なずな | 2009/01/09 07:06 | URL |

私は中川さんの「のはらひめ」が大好きで持ってますよ~^^
この本も図書館で読んだことあります。
天使のごはんが「心が動いたおはなし」いいですね♪

中川さんの講演会のおはなしも読ませてもらいました!

私も子どもの時に読んで、子育てで読んで、今が3回目一人で読んでます。
子どもと楽しんでた時とは絵本への視点がまた違うんですよね。楽しいですよ。

何度も読み返される・・ってとこまで考慮して絵本を作られてるというお話も感激しました。
高校生の息子にも絵本をすすめてみようと思います^^

| るるる☆ | 2009/01/10 17:11 | URL |

るるる☆さんへ

なかがわちひろさんの過去の記事にさかのぼって読んでくださって
ありがとうございマス!
「今が3回目一人で読んでます。子どもと楽しんでた時とは絵本への
視点がまた違うんですよね。」それ、いいですね♪
そしたら、るるる☆さんは、お孫さんと4回目、というのもあるのですね。

| なずな | 2009/01/11 07:53 | URL |

なかがわさんの講演会の記事も読ませていただきました。
作り手ならではの絵本への深い思い入れが感じられる言葉がたくさんありますね。
「天使のかいかた」・・数年前、友人の小学生の子が読んでいたのを見て装丁がかわいいので見せてもらったことがあります。内容までちゃんと読んでいなかったのですが、近々ぜひ手にとってみたいと思いました。紹介ありがとうございました。

| まつりか | 2009/01/13 03:18 | URL |

まつりかさんへ

なかがわさんの講演会、とってもよかったです。翻訳のお話では、
日本語にしたあと、編集者の方に訳したものを何度も音読を聞いて
もらう、という作業をする、それも、声が枯れそうなほど、とのこと。
私の隣にすわっていた方がちょうどその編集者の方で、そのお話の
時に何度も頷いていらっしゃいました。

| なずな | 2009/01/13 07:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/494-ff226ab3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。