「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

176* 『バムとケロ』シリーズ

バムとケロのさむいあさ大人気のバムとケロ』シリーズ、でも、次男が夢中
にならなかったら、もしかすると記事にしていなかっ
たかも。次男を惹きつけたもの、…「オジギちゃん」
などを探すこと、遊びがいっぱいの絵。でも、それ
だけじゃないようです。【絵本 *4・5歳~】

島田ゆか 作 / 文溪堂 (1996/12)



犬の“バム”、かえるの“ケロ”、
それにページのあちこちに顔を出す“オジギちゃん”…
正直に言うと、『バムケロ』シリーズ、私は好きってわけじゃ、なかったんです。
書店で平積みされているのもよく見る、人気の高い絵本であることも、知ってます。
バムたちの家のインテリアのセンスがいいから好き」という
大人ファンの声があることも、知っています。

でも、私にとっては、このシリーズの“肝”である「遊びいっぱいの絵」が、
なんだか「サービスし過ぎ」に感じてしまって。

ここで、いきなりですが、ケーキにたとえてみると…

バムケロ』シリーズって、
生クリームたっぷりで、スポンジ台の真ん中にもたくさん果物がサンドされていて
トッピングもたくさんあって、見た目がにぎやかなケーキ、って感じかな。
ケーキ屋さんの売れ筋商品です。

かたや、和三盆ロールケーキがあって、(今、パッと思いついたのは
わたしとあそんで (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)なんですけど)
素材はよくて上品なんだけど、今一つ売れ行きが良くない。

としたら、私は、和三盆ロールケーキのほうを「こっちもおいしいよ、食べてみてよ」
って言いたいヒト、なんです。わかっていただけるかしら、このたとえ…笑。

でも、次男と一緒に読みながら、『バムケロ』シリーズの魅力について
いろいろ発見があったのです。

お部屋をしっかり片付け、インテリアセンスもかなりよい“バム”。
一方“ケロ”ちゃんは、というと…これでもか!というほどおもちゃを出して遊んだり、
バムとケロのにちようびでは、“バム”が整えた部屋に
どろんこびちゃびちゃで帰ってきちゃうんです。

で、次男は、というと、明らかにケロちゃんの
無邪気で、はじけた行動を喜んでいるワケです!
秩序があるものを「気持ちいい」と感じる大人とは違い、
おもちゃばこをひっくりかえしたような、無秩序を
子どもは楽しむんだ…。

これが、次男の様子から発見したことのひとつ。

それから、山積みするほどのドーナツづくり(バムとケロのにちようび)や
時には飛行機を組立て空を旅しちゃう(バムとケロのそらのたび)など、
バイタリティー溢れる“バム”“ケロ”の行動に、
共感しているのかも。

加えて、“バム”と“ケロ”の仲睦まじいところ!

とどめは、“バム”と“ケロ”の「ブサイクかわいい」ところ…笑。
しかも「ブサイクかわいい」のは、主人公クラスだけ。
他は「かわいい」のです。なぜでしょうね~?

バムケロ』シリーズについて、今の私が感じていること、書いてみました。
読んだことがある方、あなたはいかがですか?

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 06:50 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

さいきん、絵本の魔力を感じますよ~。子供たちに絵本を読むと、さっきまでぐずっていたのに、すーっと近づいてきたり・・・
昨日もお迎えに行った時にちょうど絵本の時間。いつもなら飛んで近づいてくるのに、昨日は「えええ、もう??」なんて顔をされました。
絵本は安心して子供たちに見せることができるし、素晴らしい遊び道具ですよね♪
今日も応援!!

| まつんこ | 2009/01/15 07:25 | URL |

ケーキのたとえ、よくわかります(笑)。
わたしも最初はバムケロは敬遠していたのですが、子どもと一緒に読んでみたら実にいろんな発見が毎回あってとても盛り上がってしまいました。最後まで読むとまた最初に戻って読んでみたくなってしまうという・・・・。
『わたしとあそんで』とはまた異質だけど、これはこれで子どもが楽しむ本としてはよいのではないかと今は思っています。
以前、下のお子さんが生まれた方に出産祝いに絵本を贈ったのですが、その時上の女の子(当時年中)には、このシリーズの絵本をプレゼントしました。これなら赤ちゃんの世話で忙しくて絵本を読んでもらえなくても絵だけ見ていても楽しいのではないかと思って。好評でしたよ♪

| めーべる | 2009/01/15 17:51 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ

私が子育てしてた時は、バムケロは全然有名でなくて、口コミでひっそり教えてもらいました^^
だから何の先入観もなく、わ~こんな絵本もあるんだ~と大好きになって絵探しも子どもと楽しみましたよ。

隅々まで描かれた絵や絵探し楽しめるけど、子どもって、どんなものからでも絵を読み取ったり、発見したりできる力を持ってるから、あーいうサービスはいらないと思う・・。
はやりでそんな絵探しの仕掛けのある本がたくさん出てきたら残念だなって思います。

楽しかった絵本の思い出をうちの子たちに思い出してほしくて、バムケロカレンダー買いましたよん。

| るるる☆ | 2009/01/15 20:11 | URL |

なるほど~!

こんばんは!
私はこの絵本は、じっくりと手に取って見たことはありませんでした。
なずなさんの、ケーキに例えた解説、なるほどと思いました。
それに、みなさんの解説を読んでいたら、今度、是非じっくりと読んでみたいなという気がしてきました。

| ナン | 2009/01/16 00:02 | URL |

まつんこさんへ

まつんこさんちも、お子さん、絵本の魔力にひきつけられているんですね。
そうそう、お迎えの時読んでもらっている最中だと、ウチの子、母のところに
来ませんよ(笑)。しょうがないから読み終わるまで、待たせてもらっています。

| なずな | 2009/01/16 07:10 | URL |

めーべる☆さんへ

うちの近くの本屋では絵本だけでなくバムケロぬいぐるみも
販売しているんです。それで、キャラクター??と、しばらく
絵本と距離をおいていたんです。次男が好きにならなかったら、
このほのぼの感にも出会えなかったので、今では次男に感謝。
兄弟が生まれた年中のお子さんへのプレゼント…、なるほど~♪

| なずな | 2009/01/16 07:21 | URL |

るるる☆さんへ

るるる☆さんは、先入観なしに読んで、お子さんと楽しんだ、とのこと。
本屋での扱いが雑貨的だったので、私は先入観持ってしまっていた
ようです。それに、絵探しの要素だけにとらわれていたら、多分魅力が
見えなかった、かも。次男がほぐしてくれました。

| なずな | 2009/01/16 08:38 | URL |

ナンさんへ

ケーキの解説で伝わることがあったようで、よかったです(笑)。
実際読んでの感想、よければお聞かせくださいませ。
毎日5歳の次男がリクエストするのですが、
そのブームにハマらない10歳の長男は困り顔。
年齢によってハマる時期があるのも発見。

| なずな | 2009/01/16 08:45 | URL |

こんにちは(*^_^*)この絵本シリーズ私も最初は苦手だったんです。
どうにもこうにも、キャラの顔がブサイクちゃんでしょ。
原画で見た時に…「ん~」と思っていたんです。
でも書店ではたくさん扱っているし図書館でも人気でしょ。
読んでみたらば、これがまたはまってしまいました。
細かなところにまで気を配って作っているので、
変なものを発見してしまうとそれが気になってうれしくてぇv-433

先ほどこの絵本のTBと「はなのすきなうし」のTB送らせてもらいました。
よろしくお願いしま~す♪

| ミヅポン | 2009/01/18 15:24 | URL | ≫ EDIT

ミヅポンさんへ

TBありがとうございました♪
次男は、この間とても寒かった朝に、
「こんな日は、きっとかいちゃん、また池でこおってるんじゃない?」
なんて言っていましたよ。
たしかにそんな寒さだったので、笑ってしまいました。

| なずな | 2009/01/19 10:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/498-31393895

TRACKBACK

バムとケロのさむいあさ

バムとケロのさむいあさ島田 ゆか (1996/12)文溪堂 この商品の詳細を見る 著者の紹介☆ 島田 ゆか…東京デザイン専門学校グラフィックデザイ...

| ジアスのリトルアイランド | 2009/01/18 15:16 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。