「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【edu ブログで子育てエピソード】「求めること」と、「願うこと」

edu (エデュー) 2009年 04月号 [雑誌]親である以上、子どもに「こうなってほしい」と思うことは、
ごく自然なこと…。でも、それが「思い」だけに留まらず
結果や見返りを「求める」から、苦しくなるのかもね…。

小学生の親向けの雑誌『edu (エデュー)』。そのweb版
ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」で「求めすぎない
子育て」についての投げかけがあったので、これをきっかけ
に考えたコトを、今回は書いてみようと思います。



ウェブedu 「みんなの子育てエピソード」には、
「失敗は子育ての宝物」というテーマの時に、
★登園の時、泣かれたあの頃(過去記事)★ というタイトルで
投稿したことがあります。

登校の際に泣く息子を叱咤激励していた時には事態は好転しなくて、
気持ちに寄り添うことで前進し始めた、ということを書きました。

今こうして書きながら、これも一つの「求めない子育て」だったのかな、と
思いました。泣かずに一人で学校に行ってほしい、という思いは当然あるものの
それで子どもを責めたりせずに、つきあってみました。
いつかはきっと一人で学校に行くようになる、その時はいつかな?と待ってやる。
それがよかったのかな、って。

そんな私ですが、現在に目を転じてみると、息子に対して
「こんな風になってほしい」という思いは、いっぱいあります。
「どうしていつもこうなのよ~」とイラっとなったり怒ったり…日常茶飯事(笑)。
でも、私も完璧な親じゃないし、子どもにだけ完璧を求めるのも
なんか違う気がして。

子育てについて、「こうしなければならない」と思うと
焦ったり苦しくなったりするので、「こんな風になるといいなあ」と
「願う」という感じがいいな、と思うのです。
思いは思い、としてあるけど、「~しなければダメ」としばったりせずに、
「いつそうなるか、その時を楽しみに待つ」ぐらいのスタンスでいきたい、
と思っている、今日この頃です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| よりみちカフェ | 08:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今日は子供の入学説明会でした。早いものでもうすぐ小学校に入学なんですよ。。。
だんだんと実感がわいてきました。
子供の成長をゆっくりと見守られる余裕のある母親になりたいな。。。と思っています。。。求めない子育て・・・なるほどです。。。なかなか実現しませんが・・・頑張ります♪
応援♪

| まつんこ | 2009/02/20 19:23 | URL |

これは

私の保育にも言えることだなぁと思いました。
実習先の保育園で先生に『祈るように育てましょう』と言われたことを思い出しました。つい縛り付ける言い方をしてしまう今日この頃、私も願うように育てたいです。

| 魔女っ子ねえさん | 2009/02/20 21:36 | URL |

なずなさん、こんにちは。

ご無沙汰していました<(_ _)>

私は子供がいないので、想像でお話しさせてもらいますが、

きっと私も、イライラしてしかりつけたりしそうです。

完璧じゃないのに完璧を追い求めるタイプなので。。。

そんな中、「願う」と言いと結論を出した、なずなさんは素敵だなぁと。

私も子供が出来たら参考にさせてもらいます。。。

| ジーナフウガ | 2009/02/21 11:12 | URL | ≫ EDIT

まつんこさんへ

まつんこさんがこの間ブログで、こんなこといってましたよね。
寄せ植えする時にめいいっぱい盛り込まずに、余裕を開けておく、
…そう、引き算。これ、子育てにも通じますよネ。うん。
そういう考え方できるまつんこさんは、ゆっくり見守ることのできる
子育てされているんじゃないかな~って思っています♪

| なずな | 2009/02/21 17:54 | URL |

魔女っ子ねえさん さんへ

保育といえば、私、今、週数回不定期に通ってくる一時保育クラスで
保育しているんです。最初にめちゃくちゃ大泣きして回数重ね落ち着いて
いく子もいれば、しくしくが長く続く子、など、子どもの反応も様々で。
どうすれば気持ちに寄り添えるか、模索する毎日です。
でも、きっといつかは笑顔になってくれると思って接していると、こちらが
思っている以上の成長を見せてくれたりするですよね。

| なずな | 2009/02/21 18:05 | URL |

ジーナフウガさんへ

子どもの気持ちも、どう接したらいいのかもわからなくなってしまったりで。
結構しんどい日々が続きました。
保育の仕事をしているのに、という変なプライドがあったかもしれません。
しんどい、けど、得たものも大きかったです。
でも、すぐ「求める子育て」に戻ろうとするので、
イカンイカン!と書きながら思っちゃいました(笑)。

| なずな | 2009/02/21 18:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/546-e620e9c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。