「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠い日の記憶

hana.gif子どもの時の記憶…何歳ぐらいからありますか?

私は、昔住んでいた団地の階段の踊り場から、「抱っこされ
下を見ている」という記憶が、
自分の中では一番古いもの
だと思うのですが、年齢は定かじゃないです。
ただそれが、弟が生まれて、母が帰ってくる日の記憶だと
すると、2歳半のことなのですが…。



その「遠い日の記憶」にまつわるコトついて…
祖母が、母の入院中私を見てくれていて、
母の帰りを待ちわびる私のために、階段を何往復もした…
そんな話を聞いたことがあります。

その話と結びついて、記憶に残っているだけかもしれません。でも、
とにかく、「抱っこされる」ような年ごろの記憶であることは、間違いないようです。

断片的には、こんなモノが記憶として残っています。

散髪やさんでもらった「ピンク色の小さな櫛」。

幼稚園バッグをかけていた、「黒いカバンかけフック」。

父に連れられてよく散歩に行った道の、「曲がり角の生垣」。

…何が記憶として残るか、わからないものですね(笑)。

さて、以前次男が生まれる時のことを覚えていた、ということを書きました。
↓ ↓ ↓ 

おへそのあな(紹介記事)

それとなく探ってみたのですが、もう今は、思いだせないようです。
生まれる前のことは、ことばが言えるか言えないかぐらいの頃に聞くと
話すことがあるけど、その後忘れていく記憶なのだそう…。

息子達が大きくなって、子どもの頃を思い出す時、
どんなことを思い出すのかな…。
この記事を読んで下さったあなたの「遠い日の記憶」は、どんなものですか?

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ徒然~とつづったものを読んでいただいてありがとうございました。
よろしかったら、クリックで応援お願いします♪励みになります。→
関連記事

| よりみちカフェ | 06:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へえ。。。私の記憶は・・・妹が哺乳瓶でミルクを飲む姿をずっとみていた記憶かな。。。飲み終わった残りを飲みたくて、じいっと待っていた記憶があります。。。
我が子にも聞いたことがありますよ。お腹の中で何してたか・・・
小さい頃は何となく覚えているようですね。。。
今日も応援♪

| まつんこ | 2009/03/10 21:44 | URL |

まつんこさんへ

「飲み終わった残りを飲みたくて、じいっと待っていた」。。。
~赤ちゃんと、ミルクをあげているお母さんと、
それを見ている「おねえちゃん」、というシーンが、
思い浮かびました。
古い記憶をたどると、自分もたしかにこどもだった、という
「あたりまえのコト」を思い起こさせてくれる気がします。

| なずな | 2009/03/11 07:21 | URL |

多分、1歳半ぐらいかな?

多分、写真を見て何度もみていたからかもしれませんが1歳半ぐらいからの断片的な記憶があります。
丁度、車のバンパーに手を入れて抜けなくなった時の様子を写真に撮ってもらったのを何度も見たからでしょうか、ぼんやりではありますが手が抜けなくて痛かった覚えがあります。 また、胎内記憶だったのか良くわかりませんが幼稚園に入る頃から明るい所で目を閉じるて薄明るい様子を感じるだけで妙に落ち着くといった事をしていました。

そして、自分の子供にも胎内記憶がありました。特に長女が生まれる直前にちょっとした騒動があったのですが、その時の事をいきなり詳しく話し始めまたことがありました。ただの一回だけでしたがとてもびっくりした事を覚えています。

| あかなめ | 2009/03/11 22:33 | URL | ≫ EDIT

あかなめさんへ

わぁ、あかなめさんはさらに古い記憶をお持ちですね~。
バンパーに手を入れて抜けなくなって痛かった?あら、大変。
私も今の次男ぐらい(5歳)だったかの、ちょっとしたハプニングを
しっかり覚えています。
団地の植木の赤い実をとって食べていて、大人に
「そんなの食べたら、死んじゃうよ~」と言われて。
その時自分は死んでしまうんだって猛烈に悲しくて…。
こうしてちゃんと生きてますけど、子どもに言うことばって
気をつけないといけませんね~(笑)。

| なずな | 2009/03/12 07:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/568-9f65b0d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。