「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

191* 木

木 (こどものとも傑作集)うまれたての わかばたちが ちいさな からだを ふるわせて
おしゃべりをしている   /       おひさまにあう よろこびに
わかばたちは にこにこと ささやきあっている


佐藤忠良さんによる迫力のある絵と、木島始さんによる心地
よい言葉。これは、素敵じゃないわけ、ナイ!と思い読んで
みましたが、予想以上の反応がかえってきました。
【絵本 *小学生~】

佐藤忠良 画、木島始 文 / 福音館書店 (2005/7/7)



おおきなかぶ―ロシア民話(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集 (26))

佐藤忠良さんといえば、この絵本↑。彫刻家としても有名な方です。
読む時にそんなことを説明したわけではありませんが、息子たちは
ページをめくるたびに「わぁ~。すごい…」などと言いながら
絵本から伝わってくるものを 味わっていました。

この絵本の最後の方、「よし うむっ うむっ だきついて のぼってみよう
というところがあり、倍の大きさになるページを広げてみると、
大きな梢が描かれています。

すると次男は…その絵に描かれた枝をつかむような仕草をし、
「よいしょ よいしょ、あー、のぼった!」と見たて遊びをしはじめました。
「つぎは、こっちを のぼろっと。」
こういう反応みせるのは、さすが5歳児ですね。
(テーマ性から【絵本 *小学生~】としましたが、4~5歳でも楽しめます。) 

木のぼりが好きな次男は、この絵本をきっと気に入ると思って読みましたが
予想以上に楽しんでくれました。きわめつけは、次男の感想。
ひとこと…「ありがたいな~」。(←ちょっとジジくさいけど…笑)

木、といえば、子どもたちのお気に入りの木があることを
木はいいなあ(紹介記事)で書きました。
木はいいなあ 
先日もその木に会いに公園へ行ったのですが、いつものように登りにいった
子どもたちが、「おかあさん、たいへん!!」と言いながら戻ってきて…。
どこを探しても、その木がない、と言うのです。
私もいってみたところ、まだ切って真新しいと思われる切り株がありました。

きっと、老朽化がすすんだため、切られてしまったのでしょう。
でも、これには特に次男がショックを受けていて、
「あのき ないんだったら、もうこのこうえんに、こない。」と言って
泣かんばかり…でした。

そんなわけで、この『木 (こどものとも傑作集)』という絵本に
次男はよけいに感じ入ってしまうのかもしれません。
またどこかで、彼のお気に入りの木が見つかると、いいな。
そんなことを思っているところです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 08:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この絵本、わたしも好きです。
次男君もなかなか渋いですね(*^。^*)

2003年に佐藤さんの卒寿記念展を見に行ったのですが、そこでもたくさんの木のデッサンが展示されていました。

応援クリックしていきまーす♪

| めーべる | 2009/03/17 21:14 | URL | ≫ EDIT

めーべる さんへ

佐藤忠良さんの木のデッサン実際にご覧になったのですね。いいなぁ~。
次男、保育園でもなつみかんの木に登ったりしています。
体で楽しさを実感したものを、こうして絵本でも追体験できて、
うれしいようです。

| なずな | 2009/03/18 07:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/575-6cd71cfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。