「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

194* くものすおやぶん とりものちょう

くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集)こんや くらのなかの おかしを ちょうだいする
盗人“かくればね”からのこんな予告状が‥。
くものすおやぶんを初め、登場するのは虫づくしの、
「人情時代劇えほん」です。
桜の季節に、ご覧あれ!
【絵本 *4・5歳~】

秋山あゆ子 作 福音館書店 (2005/10/15)



くものすおやぶん とりものちょう(こどものとも絵本) (こどものとも傑作集)

この絵本は去年で「こどものとも」絵本原画展(過去記事)で見て
気に入ってしまった絵本です。
透明感があり、細密な描写にうっとり見入ってしまいました。
特に、夜桜のところがキレイでした~!

くもが主人公、というだけでも十分シブいと思うのですが、
その上、時代劇の要素も加わって、なんともユニークな絵本です。
たとえば、くものすおやぶんのセリフは、こんな感じ!

「‥なにものだ。ふてえやろうだぜい」

「さあ、おとなしく おなわを ちょうだいしろい」

「ん、まてよ‥‥‥。かぜも ねえのに、やけに さくらが ちるじゃねえか」

くものすおやぶん、かっこいいです。

それから、この絵本のおもしろいところは、探し絵遊び的な要素。
盗人“かくればね”は、羽根の模様をまわりに合わせてかえて、
隠れながら悪事を働くのです。
うまくカモフラージュしているのですが、見つけられるかな?

それにしても、登場人物が虫ばかりですけど、いったい何種類いるのかしら?
そういう観点でじっくり見てみるのもおもしろいですよぉ。
特に虫が好きな子どもには、たまらないはずです!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 09:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が子も保育園に行くのが一人になりました。今までは2冊借りてきた絵本も、これからは1冊になるのか・・・ちょっとさみしいな・・応援!

| まつんこ | 2009/04/01 05:57 | URL |

まつんこさんへ

新学期になりましたね。小学校でも図書の時間に絵本の
読み聞かせがあったり、貸し出しもやっているとおもいますよ。
どんな本を長男クン、セレクトしてくるか楽しみですね。

| なずな | 2009/04/02 07:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/590-58d5f3ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。