「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佃煮が食べたい今日この頃!

hana.gif今日は、「佃煮」にまつわる思い出を、二つ書きます。

一つ目は、助産院でオススメしてもらった「まぜるだけの
手作り佃煮」。手軽にできる上に栄養満点♪だったので、
これをおかずに、どんぶり鉢でご飯を食べていました。
いえ、誇張じゃなく、ホントに!
授乳中って、笑っちゃうくらい、おなかがすくんです。   



当時助産院で教えてもらったものとよく似た佃煮をモニタープラザで見つけました。
(モニターを募集しているとのことだったので、こうして記事を書いてみました。)

【ナミス発】カルシウムたっぷり! おいしい佃煮の素☆使ってみませんか? ←参加中

助産院ですすめてもらった佃煮は、今回モニター募集しているものとよく似ていて、
材料がすべてセットされていて、大きなボールで混ぜ合わせるだけでいい、
というお手軽なもの。産後、育児に慌ただしく、
鍋のそばにずっとついていることができない時期に、これは救世主のようでした。

そして、今は、育ち盛り食べ盛りの息子たちがいる我が家の救世主★
に、なってくれそうな予感がしています!!

**********

佃煮にまつわるもう一つの思い出というのは…
祖母がよく作ってくれた「イカナゴのくぎ煮」。

もう亡くなってしまいましたが、私の祖母は、神戸に住んでいました。
明石海峡でとれるイカナゴは、瀬戸内海の春の風物詩、です。

そのイカナゴを、市場でびっくりするぐらい大量に買ってきて、
祖母はくぎ煮を作っていたんです。
それをパックに詰めていつも分けてくれていました。

これがあると、ごはんがすすむ!
それに、冷凍して小出しにしてもよく、とっても優秀な常備菜です。

でも、祖母が亡くなってからは、食べなくなってしまいました。
売っているものを買ったこともあったのですが、
イカナゴの大きさが違う、甘辛い味が違う…などと
「おばあちゃんのイカナゴのくぎ煮」と比較して、ダメ出ししてしまって。

そんなこと言っても、「おばあちゃんのイカナゴのくぎ煮」は、
もう食べられないんですけどね。
もう亡くなって何年にもなるのに、舌は味を覚えているんです。
なんだかこの時期になると、思い出してしまいます。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ最後まで読んで下さって、ありがとうございます。
クリックでの応援も、よろしくお願いします♪ →
関連記事

| よりみちカフェ | 07:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よだれが出そう(笑)。

イカナゴのくぎ煮、明石のあたりでは有名ですよね。
以前に人気TV番組「探偵ナイトスクープ」に町中がこの時期くぎ煮の匂いに包まれるというのは本当かと調査依頼がありましたよ。
本当に町中の人が大量にイカナゴを買ってくぎ煮を作っていました!
大量に煮て親戚などに送るみたいですね。
あ~、書いているだけでおなかが減ってきました(笑)。
応援クリック!

| めーべる | 2009/04/02 21:56 | URL | ≫ EDIT

めーべるさんへ

いつもありがとうございます♪
「町中がこの時期くぎ煮の匂いに包まれるというのは」
本当、そのとおりです…笑。
「探偵ナイトスクープ」よくぞ取り上げて下さいました、って感じです。
書いているとますます食べたくなってきます~
おなかがぐぅ。。。

| なずな | 2009/04/03 07:40 | URL |

この2年ほど食べてません

14年ぐらい前に明石に住んでいたときにご近所のおばちゃんからいかなごの釘煮をいただいたのをきっかけに自分でも作るようになりました。それまで一度も食べたことがなかったのですが初めて食べた時は、こんなおいしいものがあるのかと感動しました。それまでは、いかなごが店頭に並ぶと同時におばちゃんがハエの様にたかってたのを見ているだけでしたが、以後は私も参加していました。また、この数年来大阪の山奥のスーパーでも生のいかなごが並ぶようになりました。
昨年は船の事故で瀬戸内に重油が漏れて漁がなくなり、今年は水揚げが良くなくて高価でしたのでこの2年ほど食べてませんねぇ。やっぱり買ったものより作った方がおいしい様な気がします。特に出始めより出盛り期の大き目の方が素人の私でも上手にできました。
ちなみに明石だけでなく、姫路や大阪の岸和田の方でも瀬戸内の海に近い所では、釘煮をよく炊いているようですよ。

| あかなめ | 2009/04/03 18:02 | URL | ≫ EDIT

イカナゴの釘煮、いとこが明石に住んでいるので、
送ってくれますよ~♪
地域限定の春の定番品。
貴重ですよね・・ 
そして、あーまたこの季節だなと、毎年思う幸せ。
おにぎりにも入れたりして、ありがたーく
いただいています。
おばあちゃんと結びつく懐かしい味・・・
忘れられないですね♪

| 琴子 | 2009/04/03 20:58 | URL |

あかなめさんへ

あかなめさんも明石に住んでいたの~?
私も'90から'94までは明石市民だったよ!
なので、テレビで時々「魚の棚」が出たりすると、テンションあがります!

「昨年は船の事故で瀬戸内に重油が漏れて漁がなくなり、」
…そんなことがあったのですね。
イカナゴのくぎ煮は瀬戸内の海の恵みとして
この先も、この時期の食卓にあがっていてほしいものです。

| なずな | 2009/04/04 23:10 | URL |

琴子さんへ

わぁ、送ってくれる人がいるなんていいですね。
私も以前住んでいたことがあって…
明石で幼稚園のセンセイを4年ほどやっていたのです。

くぎ煮もそうですけど、「明石焼」…おだしにつけて食べるたこ焼きも
時々無性に食べたくなります!

| なずな | 2009/04/04 23:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/592-862f3884

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。