「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひもほうちょうもつかわない 平野レミのおりょうりブック 【本の紹介*29 】 

平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない (かがくのとも傑作集)たまごごはんに始まって、オープンサンド・ホイップ
クリームつきデザートまで…。
簡単だけど、子どもにとっては立派な「おりょうり」、
というのが、目からウロコ!!
自分で作って食べるのっておいしいよね~♪ 
平野レミさんのお子さんが絵を描き、だんなさんの
和田誠さんがデザインされています。  
【絵本 *4・5歳~】
 

和田 唱和田 率 他 / 福音館書店 (1992/09)



この絵本にのっている「おりょうり」は、どれも4~5歳なら子どもだけで
できるものばかり。
中にはもっと小さい子でもできるものもありますよ~。なんてったって
「しらすごはん」や「マヨネーズごはん」ってものありますからネ!

この絵本の何がすばらしいって、レシピとも呼べないような簡単な料理の
紹介があることです。
子どもの「なんか、つくりた~い」に
お手伝い」をオネガイすることはあっても、オマカセ!
とは、普通いかないですよネ…。
この絵本を読んだら、読んだだけでなく、やっぱり実際に
やってみなきゃ、やらせてあげなきゃって思います、ハイ。
自分でつくるのは、なによりのごちそう、ですよね。

絵を描いているのは平野レミ・和田誠夫妻のお子さん。
これが、さすが和田誠さんのお子さんだけあって、
なんともいいかんじの絵、なのですが、
料理も絵も、「こどもはこどもで、イイもんでしょ」という、
メッセージであるように思います。


68 ちょっと寄り道~68


シリーズで、出ています♪


平野レミのサラダブック―ひも ほうちょうも つかわない
平野レミのサラダブック―ひも ほうちょうも つかわない
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 17:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これは楽しそうで いいですね♪

娘が小学校1年のとき、夏休み自由課題で 料理本をつくりたい!と言われました。
完成した料理を写真に撮り、紙に貼り付け 材料や作り方を書く程度のものでしたが
「お母さん、お料理教えてね♪」と気軽な口調で頼む娘・・・。
1年生に どんな料理を??と母も悪戦苦闘な夏休みだった記憶がありますi-229
結局、レンジで作る豆腐とか サラダやタマゴかけご飯・・くらいの難易度のものばかりだったかなi-179
平野レミさんが、子どものお料理本だされてるのは知りませんでした!
これは探して読まねば!!
ご紹介ありがとうございます♪

| nadeshiko | 2007/11/06 09:15 | URL |

自由課題で 料理本、ですか(汗)。
この本がシリーズ第一作目だと思いますが、超簡単です。
簡単すぎて宿題にはNGかもしれませんが(笑)。
「ひもほうちょうもつかわない」シリーズの
「平野レミのおにぎりブック」というのもあって、
オススメなのですが、アマゾンの検索には出てこなくて。
この本だけ「月刊かがくのとも」からハードカバーに
なってないようなのです。でも実は、
私はシリーズ3冊の中では、一番好きなのですが。
図書館にあったら、見てみてくださいね♪

| なずな | 2007/11/06 20:50 | URL |

「かがくのとも」で、サラダバージョンと合わせて我が家にあります。 最近、料理をしたがる次男に、母としてはうれしいような困ったような…。塩コショウの味付けを頼むことが多いのですが、「そうだ、この本があった!」て思いだしました。ありがとうございます。「お手伝い」じゃない「おまかせ」料理。チャレンジしてみますね。
 この本の「かがくのとも」折り込み付録に、この絵を描いたお子さんの年齢が、中学1年小学3年で、レミさんが誠さんに「手伝ったの?」と尋ねると、誠さんは「子どもはみんな素敵な絵を描く。大人がそれに気づいてやればいい」とおっしゃったそうです。
 なずなさんの言葉通りですね。

| KABA   | 2007/11/07 14:31 | URL |

ますます好きになりました。

誠さんのことば、いいですね!
子どもを見る目があって、温かくって。素敵なご家族ですね。
このエピソードを読んで、ますますこの絵本が、好きになりました。
手伝いも「手で伝える」…一緒に作りながら伝えていく…
と聞いたことがあります。
でも、ついつい口出しすぎて、反省、なのであります。

| なずな | 2007/11/07 19:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/61-0b6dcb46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。