「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな自転車旅、してみたい♪

自転車に乗って…折りたたみ自転車があったら してみたい旅があるんです。

 それは…「自転車で、川を河口まで下る旅」!
我が家のすぐ近くに多摩川が流れているので、まずは、
多摩川を河口まで下ってみたいです。



豪華!必見!2万円相当『折畳み自転車』プレゼント!【夢隊web】  ←参加中

日本の川 たまがわ

そもそもこの「自転車で、川を河口まで下る旅」をしたいな、と思ったのは、
 
日本の川 たまがわ という絵本が出版された去年2月。

絵本のページをめくりながら、
「こんな風に、自転車で多摩川を下ってみたいな~」
と思って夫に言ったのですが、
「河口まで自転車で行くのはいいけど、帰りが大変だよ~!」。
確かに…と、話はそのままになっていました。

でも、今回折りたたみ自転車のモニター募集で、ひらめきました♪
そうだ、折りたたみ自転車なら、我が家から多摩川沿いに河口まで下っても
帰りは自転車折りたたんで、南武線に乗って帰って来られる!
「河口だ~」という感慨にひたるのもそこそこで、
帰りの登りを思って、
溜息をつく…なんてこともないし!

でも、川を下るといっても、いつもサイクリング道があるわけじゃないし、
折りたためるだけでなく、しっかり乗りたい気も。
その点、
今回プレゼントされるかもしれない(!)折りたたみ自転車

・最軽量クラス
・本格的な6段変速
・組立時間:5~10分

と、かなりフットワークよさそう。特に「6段変速」は魅力的です!

ちなみに、我が家は、マイカーを所有していません。
交通の便のいい今のマンションに引っ越した時に、手放しました。
目下LOHAS生活中です~ (というと聞こえはいいけど…笑)。

★我が家から多摩川沿いに河口までだけじゃなく、
奥多摩駅(上流)まで電車で行って、我が家まで
川沿いに自転車で帰ってきてみたい!★

★もらった一台が気に入ったら、買い足して、
家族でサイクリングっていうのもいいなぁ!★

などと、モニターに当たる前から、早くも妄想が暴走中!

ストイックにペダルを漕ぐ、というよりも、途中寄り道したり、
のんびり風景を楽しんだりする 余裕も できそう~♪
LOHASなアイテム、折りたたみ自転車当たりますように。。。。。!

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへなるほど、いいな~と思われましたら、クリックで応援お願いします♪ →
関連記事

| よりみちカフェ | 08:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお!!折りたたみ自転車!私もほしいな♪参加しちゃおうかな・・・でもなずなさんのようにうまくコメントできないかも・・・・
当たるといいですね!多摩川のサイクリング、ぜひ実現してください!応援!

| まつんこ | 2009/04/22 11:28 | URL |

こんばんは~☆
我が家も、なずなさんと同じで車のない生活です。
自転車は強い味方で、私にはなくてはならないものですが、変速のないママチャリなので、こんな自転車があったらいいですよねぇ~♪電車で持って行って現地で使う!
いいアイディアですね♪
私も参加したくなりました!

| ナン | 2009/04/22 23:12 | URL |

まつんこさんへ

「モニタープラザ」での、この企画。魅力的ですよね♪
もう私、もらった気でいますけど(笑)。
これからの季節は、さわやかな風をうけながらの
サイクリングにぴったり~!です。

| なずな | 2009/04/23 08:17 | URL |

ナンさんへ

この折りたたみ自転車はコンパクト、かつ、変速つき
っていうのがいいですね。
ナンさんも車なしの生活ですか…お仲間ですね!
自転車って、小回り利いてなかなか重宝しますよね。
それに、乗っていると、肌で季節も感じられますしね♪

| なずな | 2009/04/23 08:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/615-8024d16f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。