「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

202* だってだってのおばあさん

だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)ねこが一緒にさかなつりしようと誘っても、
「だって わたしは 98だもの」
と、おばあさんらしく過ごしていた“おばあさん”。
でも、ひょんなことから「年齢」から自由になって…。
100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))など、
佐野洋子さんの絵本には、よく ねこが登場します。
【絵本 *小学生~】

佐野洋子 作 / フレーベル館 (1975/01)



だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)

「だって わたしは 98だもの」と言っていたおばあさんが、あることをきっかけに
「だって わたしは 5さいだもの」と言うようになり、ねこといっしょに
5さいらしく魚釣りをしたり、川を飛び越えたりするようになります。

そのきっかけ、とは…99歳のお誕生日のお祝いをするために
ねこが ろうそくを買いに行ったのに、ろうそくを落としてしまったのです!
落とさずに残った5本でお祝いしたことから、
おばあさんの「だって わたしは 5さいだもの」は始まり、
物語が生き生きと動き出します。

さて、これを読んでいるあなたに、質問。

素足でどろんこ遊び、いつ以来していない?

最後に木登りしたのって、何歳の時?

・・・

私は保育士という仕事柄、アラフォーの今でも
毎日のようにこんなしていられるのは、ある意味幸せかもしれません。
家族で出かけた時もやっていて、長男に「おかあさん、おとなでしょ」って
たしなめられたりも(笑)。

お子さんがいらっしゃる方は、お子さんといっしょになって
童心にかえってン年ぶりかにやってみた、なんてこともあるでしょうね。
なんだか、「こどもの頃の自分」の感覚を、
ふと思いだして、妙に楽しくなかったですか?

そんな経験がない方は、次の誕生日、
この絵本のおばあさんにならって、5本のろうそくでお祝いしてみるのも
いいかもしれませんよ♪

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 08:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

だいさんせーい♪
私はどうせなら高校生のお姉ちゃんくらいの数にしようかな。17とか。。。気分も若返りそうです!!応援♪

| まつんこ | 2009/05/21 23:13 | URL |

まつんこさんへ

下手にお子さんに言うと、「ぼくのおかあさん、17さい」
って、無邪気にいろんなところで言われちゃうかも(笑)。
でも、17歳…セブンティーン!いいですねぇ♪

| なずな | 2009/05/22 14:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/657-cc6806ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。