「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おばけパーティ 【本の紹介*34 】

おばけパーティ (ほるぷ出版の大きな絵本) カクテル、かぼちゃのスープ、サーモン、
サラダにチーズ。そして、こんやのとくべつメニュー!
おばけのアンリが仲間たちを、とびきりの
フルコースでおもてなし…「もう、アンリったら!」
【絵本 *4・5歳~】

ジャック デュケノワ 作、大澤晶
/ ほるぷ出版(1995/06)



シンプルな絵に、シンプルな文章、そして親しみやすいキャラクター。
そう、おばけのくせに全然怖くなくて、かわいくて。
ジャック・デュケノワのおばけシリーズは、ここ数週間次男みつやのお気に入り。
中でも、この本が一番ウケていました。
このシリーズ、最後は必ず「もう、…ったら」で終わるのですが、
「これは、なに(何)ったら?」と初めて読む時、必ず聞いてきます(笑)。


著者紹介を読むと、
幼稚園の教師のかたわら絵本作家として活躍。」とありました。
絵本の作家さんって、保育士を経て、とか、
そういう経歴の人結構いますけど、
デュケノワさん今も二足のわらじ履いていらっしゃるのかしら?
などと、ヘンなところに反応している、保育士なずなです(笑)。
そうだとしたら、私、
「もう、デュケノワさんったら」スゴすぎ、って言いそうです!

おばけパーティ / ジャック デュケノワ
   


68 ちょっと寄り道~68


短いのでもっと小さい人でも読めそうですが、このシリーズの持つ
面白さにクスクスっとなるのは4~5歳かな、と思いました。
おばけ、ネス湖へいく
ジャック デュケノワ Jacque Duquennoy おおさわ あきら

おばけ、ネス湖へいく
おばけ、びょうきになる おばけの地下室たんけん おばけ まほうにかかる おばけパーティ おばけだぞぉー!
by G-Tools
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 14:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

絵本ナビからお邪魔しました。初めましてはなびやです。
「おばけパーティ」おもしろそうな本ですね。読んでみたいと思いました。

| はなびや | 2007/11/10 19:41 | URL |

はなびやさん、ようこそ!
おばけのくせに(?)とてもおちゃめで、ほのぼのしています。
是非、読んでくださいね。
コメントを残していただけて、嬉しくて…元気倍増、です!
これからもお立ち寄りくださいね。

| なずな | 2007/11/11 07:38 | URL |

私もこのシリーズでは、パーティが一番好きです。なんといっても、食べたもので体の色が変化するという発想がユニーク。子供にも大うけでした。

| KABA   | 2007/11/12 15:06 | URL |

そうそう!食べたものによって変わるから、
パーティでいろんなものを食べて、いろんな色に変化して。
ミルクを飲んで元の白いおばけにもどるんですよね~(笑)。

| なずな | 2007/11/12 18:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/67-793e6def

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。