「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園

シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園市民農園を借りて野菜を作っていますが、(過去記事
ベランダにも飛び火しちゃいました。
きっかけは、たなかやすこさんの本。ベランダでたくさんの
野菜を育て、しかも、それがおしゃれ♪なのです。
シンプル&エコに育てるおいしいベランダ菜園
有機培養土を使っての栽培ではなく、日向土を使っての
「永田農法」という栽培方法です。
← この本も、その方法が紹介されています。

たなかやすこ 著 /家の光協会 (2009/01)



ベランダでのガーデニングで困ること…それは、土問題。

育てるのは良くても、残った土の処理が大変なのです。
リサイクルするためにふるいにかけてミジンを除こうとすると、もうもうと砂煙が出て、
リサイクルが「リサイ苦ル」…!

しかも野菜の栽培の場合は、たいがい「深いコンテナで植えましょう」と
なっています。残土も大量。

そして、深いコンテナは…重い。

一度栽培したこともあったのだけど、そういうわけで、このところ離れてました。

でも、この本で紹介されている「永田農法」の場合、日向土という軽石を使うので、
終わった後も洗って乾かせばまた使うことが可能。連作障害もおきないのだとか。
これは、やってみる価値あるぞ、と思ったのです。

それに、「永田農法」は根を下にではなく横に這わせるので、
従来のような深いコンテナでなくても、栽培できる。
野菜植え用のコンテナって、「いかにも」っていうのが多くてイカさないけど、
たなかさんは不織布のバッグだとか、ハンギング用のバスケットでも
栽培されていて、見た目の上でも参考になりました。

実は、私の場合、一番気になったのが、
「永田農法」が化学肥料の液肥を使う栽培方法である、ということ。
手づくり野菜なのだから、有機肥料で、という考えだったです。
でも、「どんな肥料でも最終的に植物が吸収するのは元素単位」だそうなので、
うまく液肥のお世話になってみよう、と。

「花よりだんご」ならぬ、「花より食材」?のエディブルガーデン。
もう既にスタートしています!その様子は、次回!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 大人向け書籍 ・ブックリスト | 14:03 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても参考になりそうですね

とても参考になりそうな本ですね。

うちは、幸い土の庭があるので残土は気にしてませんでしたが確かにプランターに土を入れると重いですねぇ。

私もベビーリーフを育てていますがナメクジに喰われて日々格闘中です。

| あかなめ | 2009/06/11 20:42 | URL | ≫ EDIT

永田農法。人気がありますよね。私は試したことがないけど、今度勉強してみようと思いました!!とっても興味があります♪
美味しい野菜がたくさんできるといいですね!!応援♪

| まつんこ | 2009/06/11 22:14 | URL |

こんにちは。遊びに来ちゃいました♪

ベランダ栽培、今すごく注目されていますよね。
うちでもやってみたいと思うけど、とにかく狭いベランダで日当たりも良くないので手が出せずにいます。
本を読んで研究してみようかな。

| さーにん | 2009/06/12 10:53 | URL |

初めて聞きました!!

実は今年からベランダ栽培を始めたばかりでした
土の始末までは考えなかった(><)
どうしょう・・・苦笑

とは言いながらも、育てていると毎日の成長が楽しくてしょうがないです♪

| ☆だ~な | 2009/06/12 15:55 | URL | ≫ EDIT

あかなめさんへ

なめくじかあ、それも苦手分野だけど。
あかなめさんちには庭があるといいですよねぇ。
土をふるいにかけると、砂煙がすごいので、洗濯物を避難させないといけないし、
土を日光消毒する場所もないし。
そういう処理をするのが厭で、ガーデニングが苦痛になりそうでしたヨ。

| なずな | 2009/06/12 18:43 | URL |

まつんこ さんへ

今年は、市民農園との二本立て、食べ比べてみようと思います。
以前まつんこさんの畑で、支柱がわりに上からひもでつるす
って紹介されていましたよね。
永田農法だと、支柱ささりにくいので、ベランダのパプリカはそれで固定しています!

| なずな | 2009/06/12 18:49 | URL |

さーにん さんへ

遊びに来て下さってありがとうございます♪うれしいです!

著者のたなかやすこさんのベランダでは、パーゴラを使ったり
ハンギングしたりと、工夫されていますよ~。
ウチも、手すりがフェンスでなくコンクリートなので、
足元の方は陰になってしまいますが、工夫しつつやってます。

| なずな | 2009/06/12 18:55 | URL |

☆だ~なさんへ

鉢数が少なかったら、まだ大丈夫ですよ~
でも多くなると、ちょっと大変かも^^;

「育てていると毎日の成長が楽しくてしょうがないです♪」
そうですよね!わたしもです。洗濯干しながらも、緑があるとなんだか楽しいし、
「変化があるかなぁ~」 と訳もなくベランダに出ちゃいます♪

| なずな | 2009/06/12 19:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/680-529461a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。