「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョコレート工場の秘密 【本の紹介*35 】

チョコレート工場の秘密—ロアルド・ダールコレクション (2)謎につつまれた、巨大チョコレート工場を見学できるのは、
チョコレートの包み紙の中にたった5枚しか隠されていない
黄金切符を引き当てた子どもだけ。
奇想天外なことがが次々起こって、読み出すと止まらない。
甘いチョコレートの香りにあふれた、しかしビターな世界です。
【児童書 *小学校中学年~】

ロアルド・ダール 作、クェンティン・ブレイク 絵
柳瀬尚紀 訳 / 評論社 (2005/04/30)


みごと黄金切符を引き当てたのは、主人公チャーリー・バケツ君の他、
食い意地の張った、オーガスタス・ブクブトリー、
欲しい、と思ったら何としてでも手に入れる、イボダラーケ・ショッパー、
世界記録目指してガムを噛み続ける、バイオレット・アゴストロング、
無類のテレビ好き、テレビ漬けの少年、マイク・テレヴィズキー、
…と、一癖もふた癖もある子どもと、その保護者たち。
工場のオーナー、ウィリー・ワンカ氏の案内で工場の中を見学しますが、
次々と騒動がおこります。
工場の中で働いている、ウンパッパ・ルンパッパ人も、超個性的。

甘いチョコレートの香りにあふれているけれど、
かなり風刺もきいています。

この本を読んだ動機は、映画でワンカ氏を演じたジョニー・デップのファンだから、
ではありません。(ジョニー・デップのファンさん、ごめんなさい。)
ロアルド・ダール
の作品だから、…それもちょっとはあるけど。
実は、クェンティン・ブレイク
の挿絵にひかれたのでアリマス。
ザガズー(←以前書いた記事です、読んでね)以来、ちょっとブームなのです。

チョコレート工場の秘密?ロアルド・ダールコレクション (2) / ロアルド・ダール、Roald Dahl 他


68 ちょっと寄り道~68

天才ダールのとびきり料理 / クェンティン ブレイク、ジャン ボールドウィン 他
では、ダールの作品に登場するお菓子や料理のレシピがあります。
クェンティン・ブレイクの挿絵も楽しい!
チョコレート工場の秘密の中からは、次のようなレシピが
あります。
作ってみます?(一応、当たり前ですが、食べられる材料でのレシピです。)

イチゴ味のチョコレート・ファッジ(← くいいじのはったこども10人にたっぷりな量)
りんごキャラメル
こどもべや用なめられるかべがみ
授業中なめられる糖衣鉛筆
バタースコッチ
食べられるマシュマロの枕
おしゃべり両親用 ねばつきキャンディ
ワンカの大珍味びっくりチョコ
冬に食べる熱いアイスクリーム
はげ頭に毛がはえてくる 毛はえキャンディ


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

ランキングに参加しています。(1日1クリック有効)。励みになります。→   

関連記事

| 児童書/小学校中学年 ~ | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/71-bba3e8a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。