「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

217* おばけがぞろぞろ

おばけがぞろぞろ (幼児絵本シリーズ)もものりくん、ぞぞまるちゃん、おろむかくん、
ぞんびえくん、おびるべちゃん、うめもらくん、ぞりんば
ちゃん…へんな名前のおばけが誘いあってぞろぞろと
向かうのはどこ。。。?
今風に言うと、「こわかわ」←こわくてかわいい ?
そんなおばけたちが子どもたちは大好きです~
今回はこの絵本をきっかけにおばけ本の話題も。
【絵本 *2・3歳~】

佐々木マキ 作/福音館書店 (1994/6/10)



この絵本に登場するおばけたち、名前が一風変わっていますが、
風貌もかわっています。そして、POPな感じ!

しかも「**ちゃん あそぼ」のくりかえしに答えていく形が、
子どもの生活なわけで。さらに親しみを持つようです。

ところで、子どもっておばけのことをキャーと楽しめる時と、
真顔で怖がる時がありますね。
最初は鬼やおおかみのような感覚で、
「キャー」もいわば鬼ごっこのような感じで。
だから、この絵本が大好きな2歳のころって、無邪気に楽しめるのだと思います。

でも、(何かの本で読んだのですが、)おばけを怖いと思うのって
イメージができるようになったことの表れだそうで。
だからおばけものって、もう少し大きくなってから、怖がったりするんですよね。

おばけのバーバパパ(紹介記事)のところにも書きましたが、
子どもに読むおばけ絵本なら、
まずは愛嬌のあるおばけが登場する絵本がいいなあ
なんて、私は思うのです。
そうじゃなく、こわいおはなしの場合は、読み手が信頼できる大人、
というのが絶対条件!

そうじゃないと、むやみに怖くなったりするものなので。。。

テーマ[おばけ] これまでに紹介した絵本も見て下さいね♪

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 絵本/2・3歳 ~ | 07:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お化け、怖いのに見たがるのですよね。今日は保育園で「お化け屋敷大会」があったようで、
コウモリなどが廊下に飾られていました。
凄く可愛いものでしたが、子供たちにとっては怖いようです。。。
泣いている子もいたそうですよ。

ぽち。

| まつんこ | 2009/07/29 00:29 | URL |

まつんこさんへ

「お化け屋敷大会」わくわくするような、怖いような。

ウチの長男は怪談話とかを聞くの大好きなんですけど、
一人の留守番の時に思い出してこわくなって
…至る所電気つけっぱなし!「暗くすると怖いから、ですって(怒)。

| なずな | 2009/07/29 13:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/731-80c5fcb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。