「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絵本たんけん隊

絵本たんけん隊―小さなまぶしいタカラモノをさがしに…全15回に渡って行われた、クレヨンハウスの連続講演会
「絵本たんけん隊」。
その模様を伝えるこの本、シーナ節が炸裂!
会場の笑い声まで聞こえてきそうです。
絵本が縦の糸だとすると、仲間や家族、子どもの頃のこと、
旅のこと‥そういったものが横糸となっていて‥。
シーナさんにしかできない絵本トーク!です。

椎名誠 作 / クレヨンハウス (2002/11/1)



絵本たんけん隊―小さなまぶしいタカラモノをさがしに…

以前書いたことがありましたが、私は椎名誠さんが大好き。
旅モノや私小説を読むだけでなく、
講演会に出かけたりしたことがあります。

だから、講演会で、氏がおもむろに話し始める様子やら、
話が佳境になってくると、腕を広げたりしながら話してるんだろうな~
などと想像できて、楽しかったです。

ライン

ぼくだけかもしれないけど、絵本というのは、自分が生まれてからきょうまでのことを
考えると、ものすごく重要な位置を占めていたという気がします。そんな自分の、
おおげさに言ったら人生の話になってしまいますが、まあこれまでの経験や
考えてきたことにからめて、絵本の話をしていこうと考えています。
ライン2
シーナさんの場合、何といってもその「経験」がすごいですから!

遊び疲れるまで遊んだ少年時代のこと、
仲間とのばかばかしくも濃密な時間を過ごしていた日々のこと、
世界の辺境の地を旅して見つけたこと、などなど。。。

その経験に裏打ちされた視点で、絵本を語っているのが、おもしろい。

例えば「どこにでもすめるよ」の章では‥
『三びきのこぶた』からはじまって、子どもの頃作った木の上の家のはなし
砂漠や、地面の中の生き物についての絵本、北極で漂流する人の体験談‥。
特に共感してしまったのは、宇宙のどこに住むか、という話題のところ。
ジャカイモ型の星があると知って、
これは『星の王子さま』の星だ!と連想したシーナさんが、
うれしくなって友達に電話するくだりデス。

星の王子さま―オリジナル版

絵本たんけん隊―小さなまぶしいタカラモノをさがしに… 絵本が好きな
人が楽しめるのはもちろんですが、
あまり普段は絵本を手にとってないような男の人にもすすめたいと
思いました。さしあたって、うちの夫に「読んで!」と言おうと思います!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 大人向け書籍 ・ブックリスト | 12:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とりあえず今日の応援ぽち。

| まつんこ | 2009/08/09 21:09 | URL |

まつんこさんへ

いつもありがとうございます♪

| なずな | 2009/08/10 19:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/744-54cbfd84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。