「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

220* かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ モーリス・センダックの傑作絵本!寸分の隙もない、
完璧な筋運びで、読む人を異世界にいざないます。
特に「かいじゅうおどりを はじめよう」のことばの
後の3見開きは、絵だけで雄弁に物語っています!
子どもはワクワクし、大人も惚れ惚れ見入ってしまう
絵本デス。【絵本 *4・5歳~】

モーリス・センダック 作、じんぐうてるお 訳
/
冨山房 (1975/01)



かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうのきぐるみを来て大暴れのマックスは、
怒ったお母さんに寝室にほうりこまれてしまいます‥。

すると、寝室の壁が消え、森になっていく。
その様は、白い余白部分が減少することで、巧みに表現されています。

一方、ことばでも。「いっしゅうかんすぎ にしゅうかんすぎ ひとつき ふたつき 
ひがたって いちねんと いちにちこうかいすると」
(‥ごめんなさい。今帰省中で絵本手元にないのですが、
たしか、こんな表現でしたよね!)
架空上の時間の経過は、すなわち、内面世界へと
どんどん深く入っていることを意味するのだと思います。

ところで、この間知ったのですが、この絵本を原作にした映画が
冬に公開されるのだそうです。正直、え~?という感じ。
「絵本」としてこれほど完成度が高いものを、映画にしなくても‥
‥もごもご。これぐらいにしておきます。

もし、映画公開に合わせたイベントとして、「モーリスセンダックの絵本原画展」
が開かれるとしたら、そちらのほうに小躍りしながら、
(なんなら「かいじゅうおどり」でもしながら!)出かけると思います!
いえ、今のところ原画展については、何の情報もありませんが‥笑。
絵本原画展、開催してくれないかな?!

さいごに。この絵本に登場するかいじゅう、
ちょっとこわいけど、ユニークで、どことなくかわいくて。
でも、どうして足だけニンゲンの足、なんでしょうね~
そういうことも、後日また記事にしてみたいと思っております。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ 「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
 とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)

関連記事

| 絵本/4・5歳 ~ | 07:22 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へえ。この絵本、読んでみたいです♪我が子も怪獣ごっこが大好きだから、きっとすぐに食いつきそうです。
探してみますね。。。
応援♪

| まつんこ | 2009/08/14 21:42 | URL |

まつんこさんへ

ぜひ読んでみてください。
大人ファンも多い絵本です♪

| なずな | 2009/08/15 21:40 | URL |

ごぶさたしていました。
お元気ですか?

まさかの映画化ですね。信じられないですよ~。でも見に行ってしまいそう(^.^)
どんな風に描くんでしょうね。

このファンタジー私は大好きですが、娘は何十回読んでもどことなく漂う怖さを克服できないでいます。

| まつりか | 2009/08/16 01:56 | URL |

まつりかさんへ

この絵本、長男は好きだったのですが、 
次男はちょっと怖いようです。
まつりかさんの娘さんと次男、たしか年が近かったから
年齢的なものもあるのかな?
映画化のはなしは、書店で知ったのですが、
見たいような見たくないような^^デス。

| なずな | 2009/08/16 21:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/747-c4cb4cdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。