「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

221* 西遊記(斉藤洋の西遊記シリーズ )

西遊記〈1〉天の巻 (斉藤洋の西遊記シリーズ 1)「ルドルフとイッパイアッテナ」の著者である斉藤洋さん。
その斉藤洋さんが呉承恩の『西遊記』をもとに書き下ろし
たのが、コレ。全部で8巻の長編です。
テレビや映画などで筋を知っている、という人も、ぐいぐい
物語にひきこまれます。
軽妙な語り口と、趣ある挿絵に導かれるようにして、いざ
天竺へ!【児童書 *小学校高学年~】

斉藤洋 作 / 理論社 (2004/06)



西遊記』の孫悟空といえば、最近では香取慎吾さん。
そして、懐かしのテレビドラマの主人公として、堺 正章さんの顔が
浮かんでくる、という方もいらっしゃるのでは。

私もその一人。それで、前々から本で読んでみようと思っていたのですが、
呉承恩の『西遊記』の訳本は、どうも漢字だらけ、
(もちろんルビふってますが…)ハードルが高かったのです。

そんな時、長男(10歳)が、マンガとして『西遊記』と出会って、興味を持ちました。
読み物でも出会って欲しかったので、本屋で探して、
斉藤洋さんのこのシリーズを選びました。

決め手は三つ。まずは、小学校4年生ぐらいからでも読めそうな文体だったこと。

二つ目は、児童文学をたくさんつむいでいる斉藤洋さんだったら、
最後まで飽きさせずにこの長い物語を引っ張ってくれそう、という期待。

三つ目は、広瀬弦さんの絵が魅力的だったから!
広瀬弦さんは、息子たちが大好きなかっぱの物語
じっぽ(紹介記事)
の絵を描かれている方です。

実はこの記事トップの画像の第一巻「天の巻」では、
三蔵法師も、猪八戒も、沙悟浄もまだ出てきません!!
二巻目でやっと三蔵法師(玄奨三蔵)と出会い、旅が始まるのです~

テレビなど映像の印象だと、あっという間に旅を始めていますけどね^^
でも、もともとのおはなしとして、時間のスケールがでっかいのです。
孫悟空が五行山の下に閉じ込められ反省させられる時だけでも、
五百年の歳月が流れる、というように。

ただ、それぞれの章は短いし、語り口が軽快なので、「長くて大変」
という印象は少ないかと思います。
長男は、あっという間に第一巻を読み終え、第二巻を早く買って、
と催促してきました。
本のことで催促することはそうないので、嬉しくてすぐ買った私です^^

西遊記〈1〉天の巻 (斉藤洋の西遊記シリーズ 1)

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ「なるほど」「読んでみたい」のお気持ちを、クリックで表していただけると→
とってもうれしいです★(ランキングのページに飛びます。)
関連記事

| 児童書/小学校高学年 ~ | 07:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですね~
こういう古典を小学生くらいに読みやすく
書いてかかれている本が
どんどん増えて欲しいです
もちろん大人の私も読みたいなぁ~

| 樹(いつき) | 2009/08/21 11:02 | URL |

男の子にはぜひ読ませたいです!!
私もよみたいな。
ポチっと♪

| まつんこ | 2009/08/21 22:42 | URL |

樹(いつき)さんへ

長男かなりお気に入りで、書見台に表紙が見えるようにして
飾ったりもしています。ビジュアル世代には、装丁の美しさも大切!
私も追っかけ読みしています。
でも、長男の方がずっと先を読んでいます(珍しいことに!)。

| なずな | 2009/08/22 16:20 | URL |

まつんこさんへ

いわゆるダイジェスト版ではないので長いですが、
高学年になったら読めますよ。
長男の方から、コレ読みたいということばが聞けたのが
なによりの収穫です!

| なずな | 2009/08/22 16:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/756-e80f2a90

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。