「こどもの本のくに」おでかけガイド

おすすめ絵本・児童書を中心に、緑のカーテンなど 暮らしについても

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

224* 少年の木 ~希望のものがたり~

少年の木 ~希望のものがたり~ 戦場のがれきの中で見つけた小さな芽。
それを少年は育て、緑はやがて鉄条網にからみついて
大きな緑になっていきます。…
モノクロの絵の中に描かれた緑が「平和」を象徴して
います。大人の方にも是非手に取ってもらいたい一冊
です。【絵本 *小学生~】

マイケル・フォアマン 作、柳田邦男 訳
/ 岩崎書店 (2009/8/27)



楽しい絵本をたくさん味わうことができた子には、
時にはこの絵本のような重たいテーマの絵本にも、出会ってほしいです。

世界には、鉄条網で隔てられ、自由に行き来できない場所があること。
少年がせっかく育てた緑も、兵士によって引き抜かれてしまうという、
理不尽でむごい現実。

でも、それだけで終わらない絵本です。
サブタイトルは「希望のものがたり」。

兵士が取り去ってしまったと思われた緑、でも鉄条網を挟んだ
こちらでも、向こう側でも芽を出したのです。
それは、まるで両側から手を出して握手するかのよう…
そんな風に思いました。

この緑が意味するものについて、考えさせられる一冊です。

マイケル・フォアマンは、戦争ゲームという本も書いています。
イギリスの片田舎に住むサッカー好きの若者が、
戦争に巻き込まれていく物語です。
今、手元に本がなくてあやふやですが、たしか
フォアマンのおじさんの実話が元になっていたと思います。

これは、絵本と読み物の中間のような、薄い本です。
小学校高学年ぐらいから読めます。

関連記事

| 絵本/小学生 ~ | 08:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

戦争についての吸収は絵本がわかりやすいですよね。
広島は原爆ものですが、保育園のころから絵本が読まれています。
小さい頃に感じることはとても素直な思いなので大切にしてもらいたいなと思っています。

| まつんこ | 2009/09/07 20:58 | URL |

まつんこさんへ

出たばかり、ホヤホヤ湯気があがっている(?)の新刊デス。
この絵本、すう~っと心に入っていくものがあると思います!

| なずな | 2009/09/08 20:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://book727.blog118.fc2.com/tb.php/779-697ae415

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。